Webライター主婦の報酬相場は?1文字あたり1円以下って本当?在宅ワークの報酬の実態に迫る!

在宅ワークをするにあたって、やはり一番気になるのが報酬額なのではないでしょうか。
Webライターのお仕事では1文字あたり◯◯円〜という表記ではなく、1本◯◯◯◯円〜という表記が多いです。

どちらも、指定された文字数をクリアしなければなりませんが、それを超えた分は1文字あたりの値段で買い取ってくれるかくれないかの違いになってきます。

クラウドソーシング上で多いのは1文字0.2〜0.5円


私が登録しているクラウドソーシングでは、初心者向けの文字数が少なめの案件は1文字あたりの単価が安く、2000文字を超える案件だと1文字あたりの単価が高くなる傾向にあるようです。1文字0.2円で300文字の案件をやるようだと、1本60円ですね。

「誰でも参加できる」
「知識はとくにいらない」
「ネットで調べられるレベルの内容で執筆OK」

という風に、非常に難易度が低い内容の場合には1文字あたりの単価が安くなる傾向にあります。

じゃあ1文字あたりの1円以上の高単価の案件は???

もちろん、高単価の案件も存在します。
ただし専門的な分野になってきますので、知識がない人には難しいのが現実。
【サグーライティングプラチナ】なら1文字1円以上の高単価の案件もたくさんあります!

ただしプラチナライターになるためのテストを受けて、合格しなければライター登録ができません。

でも晴れて合格すればこちらでは専属のお仕事もお受けすることが出来るので、テストを受けてみる価値があります。
私も受けたいのですが、今抱えている案件が精一杯なので…ひとまず保留(笑)

話は戻りますが、専門的な分野はとくに金融関係は単価がずば抜けて高い傾向にあります。
私が見た中では借金関係や税金関係が多いですね。
借金は経験者の体験談やアンケートなんかがすごく重宝されるので、「今返済に困っているよ!」という人の実体験が書ける人にはおすすめです。

初めのうちは単価を気にしないで、とにかく記事数多く執筆していこう

Webライターになりたてから「◯十万円稼ぎたい!」という欲を出してはいけません。
最初のうちは単価が低くても数をこなしていったほうが得策です。

単価が低いものは比較的作業しやすい、やさしめの案件が多いです。
難易度の低い案件をこなすことで文章を作る練習にもなるので、ある程度スキルを伸ばしながら報酬をもらうことができます!(それでもタスクの場合は承認されないと話になりませんが)

おすすめクラウドソーシング

初心者でもかんたんにすぐ始められるクラウドソーシングのご紹介です。
登録無料ですぐ始められるので、とりあえず仕事内容だけ見てみたい!という方もどうぞ♪

shinobiライティング
サグーワークス
ランサーズ
シュフティ

各クラウドソーシングではライター向けのコラムも多数あり、Webライターを初めて間もない人にはノウハウ系の記事やライター情報もたくさん掲載されているので、一度目を通しておくといいかもです。
Webライターという仕事は作業をしている時に孤独になりがち。とくに在宅ライターさんは他との関わりもあまりないので、情報を得ることが難しくなっています。そういった時にもこういうWebライター系の読み物というのはモチベーションも高くなる、いい読み物ですよ。

最初のうちはどんな案件でもとにかくやってみよう!


Webライターはもちろん、どんな仕事でもそうですけど、何事も最初が肝心。
毎日の努力の積み重ねがいい結果につながりますよ!くれぐれも楽して稼ごうとしてはいけません。
スキマ時間で少しづつ少しづつ成長して、高単価の仕事ができるようになっていきましょう!

スポンサーリンク