【子育て×在宅ワーク】Webライター,ブログ,アフィリエイトで2016年開業!5歳3歳姉妹の育児とミニマリスト。

元アパレル現ミニマリスト主婦が在宅ワークで収入を得るブログ♪

節約 家事

4人家族の1ヶ月の食費を1万円節約できるノウハウを詰め込んでみました

更新日:

よく節約系のメディアや雑誌を読んでいても、おめめ飛び出るくらいびっくりする金額で食費をやりくりされている家計がありますよね( ゚д゚)
中には4人家族で月3万円を切るというツワモノも…!

1ヶ月にかかる食費は、子供の年齢よっても大きく違ってくると思うですが、本当に月3万円って可能なのでしょうか?わたしはちょっとどう頑張っても無理(´・ω・)

しかし3万円とまではいかなくても、食費が月6〜7万円かかっている家庭は、今よりも1万円は食費の節約ができるかもしれません!
今回はその食費を今よりも1万円節約するノウハウを書いていきたいと思います。

食費の節約ノウハウ

食費って人によっては「調味料」を入れたり入れなかったり、お米も計算外だったりします。
でも私の認識では、お米や調味料、嗜好品も、食費としてカウントしていきたいです。
つまり、口に入れるものを食費として認識しています。

①「〇〇円減らす!」と決めるのはやめよう

食費を減らそうと考えたときに、まず何から始めますか?

おそらく、「予算を決めて、その中でやりくりしよう」と考えるかもしれませんが、実はこれってあまり良くないです。

いつもより何かが足りないと、食に対して満たされなくなって、どこかで絶対反動がきます。
満足しない食事って、心が荒ぶれるんですよ(´・ω・)

その結果ストレスがたまって、お菓子を買いまくったり、外出先でパーッと浪費してしまったり、せっかく食費を削っても他の部分でお金を使ってしまうことも。

それに、予算という縛りがあると、人によってはストレスを感じるかもしれません。

食費節約の初期段階は、まず予算は気にせず、本当に無駄なものから見極めることから始めると良いです。

例えば現在食費を週に1万円使っている場合、「来週からは週8000円でやりくりしよう!」と考えるのはやめる。
まずは「この1週間後どんな食材を買ったか?」リストアップして見て、減らせるものがあればピックアップしてみます。
使い切れなくて腐らせてしまって捨てたものとかも、メモに書き出してみましょう。

こうしてリストアップできたら、実際にそれがいくらになるか計算してみましょう。
ここで算出できた金額は無理なく削れると考えて構いません。

②ちょっぴり薄味にしてみよう

実はすごく簡単なことで、ファーストステップとしては「レトルト禁止・無駄な調味料禁止・惣菜禁止」にすればいいのです。

これを1ヶ月心がけるだけで食費はグンと減ります。

お惣菜系は楽ですけど、やはり割に合わない上に味が濃いので、それに慣れてしまうとトータル的に高くなります。それにカロリー摂取過剰になる恐れも…。

レトルトや調味料もそうですけど、味付けを濃くする系のものはなるべく買うのはやめましょう。ドレッシングも変わった味のものがあるとつい試して見たくなりますが、家にある材料で作れるものだけを使いましょう!

「えっ、でも減らせる調味料ないんだけど…」という方は、以下を参考にしてみましょう。

③調味料は月1まとめ買い&これだけあればOK!

だいたいどこの家庭にも常備してある調味料ですが、最低限必要なものをリストアップしてみました。
“最低限”ですが、もはやこれだけで大丈夫かと思います!

  • 塩・こしょう
  • しょうゆ
  • 料理酒
  • みりん
  • 三温糖
  • マヨネーズ
  • ケチャップ
  • 油(サラダ油・オリーブオイル・ごま油)
  • 味噌
  • 顆粒コンソメ
  • 小麦粉
  • 片栗粉

これだけでOKですよ!
そしてこれら調味料は月1でまとめ買いしてしまいましょう。

あらかじめ、向こう1ヶ月でなくなりそうな調味料を先に購入しておくことによって、食費がコントロールしやすくなるというメリットがあります。

調味料って、お砂糖1つにしても1kg200円近くしますよね。なくなったらその都度購入してしまうと、あっという間に週予算をオーバーしてしまう恐れが。そうすると食費節約のモチベーションもガクッと下がってしまうことに…!わたしもそうやって何度も挫折しました。

ということで、月1まとめて調味料を購入しましょう!途中で切らしてしまったら、その調味料を使う料理は作らないというルールを徹底していきます。同時にお米を購入してもいいですね。

わたしは西友のネットスーパーで月1調味料とお米と日用品を1万円予算で購入しています。某大手スーパーのPB「トップ◯リュ」よりも、西友PB「みなさまのお墨付き」派です(`・ω・´)

③1ヶ月よりも1週間で計算した方が食費の節約効果につながる


さて、いつもの食事を薄味にシフトできてから、ようやく食費の意識付けが始まります。

1ヶ月単位で食費を計算している人は、まずは1週間単位で予算を決めることから始めましょう。上手に食費を節約している人は全員週予算でやりくりしているといってもいいくらい、一番節約効果の高いやりくり方法ですね。

調味料やお米は別で計上しますので、あとはただ食材を買えばいいだけ!(`・ω・´)
「切らしている調味料を使う料理は作らない」ということだけを頭に入れておけば、献立決めもスムーズになるかと思います。

1週間の予算を守るためにおうちコープを使っています

生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」は、毎週決まった曜日に配送がきます。配送のタイミングで次回注文のカタログをもらい、次の配送の時に渡すので、食材を選ぶ猶予が1週間あり、みっちり計画的な買い物ができるのです♪

http://syufuwriter.com/2016/01/25/coop-seikyou-contents/

食費の節約ノウハウまとめ

食費の節約に重要なのは、目先の数字に踊らされず、まずは食事内容を見直し!→薄味に変更!これをクリアしてから、徐々に無駄をそぎ落とすようにすると、効果は抜群です。
即効性は期待できないのが申し訳ないのですが、試してみる価値はありますよ!


会計知識がなくても使いやすい!開業している主婦ならfreee
【アフィリエイト開業】毎月の記帳方法を解説!※freeeの解説もアリ

-節約, 家事
-, ,

Copyright© 元アパレル現ミニマリスト主婦が在宅ワークで収入を得るブログ♪ , 2017 All Rights Reserved.