タイピングは2週間で習得可能!効率のいいタイピング練習のhow to

Webライターを始めたいけど、「私タイピング出来ない!」って人はいらっしゃいませんか?
実は私は、Webライターを始めてからもしばらくタイピングは出来ませんでした。
ブラインドタッチなんてもっての外。キーボードとパソコンの画面を行ったり来たりで大忙しの毎日でした。

でもね、やっぱりWebライターならタイピングは絶対出来ているべきだと思う!
だって作業効率が全然違うんですよ。なんで早くやらなかったんだ!って思いましたもの。

なのでこれからWebライターをしてみたいけど、タイピング出来ない!っていう人は、これからお教えする方法で練習すれば、大体2週間くらいで形になってくるので、お試しあれ♪
もちろん、Webライターにはならないけど、タイピングが習得できなくて困っているという人もどうぞ♪

スポンサーリンク

無料タイピングサイトで完全習得!

タイピングの習得には無料サイトを利用するだけで、習得出来てしまいます。

1つだけポイントがあるのですが、それは「練習中は絶対に画面から顔を動かさないこと!」
つまり、キーボード、手元を見ては絶対にダメなのです。

見てしまった時点で、タイピングの習得にが3日遅れてしまうと思っていいでしょう!
早くタイピングを習得して、ガツガツ執筆をしたいのであれば、絶対に手元は見てはいけませんよ。

①1日の練習時間は?

タイピングの習得には1日最低でも30分を2週間、コツコツ続ける必要があります。
私は主に以下の3サイトを使用していました。

e-typing
超絶シロウト向けに、キー配置の説明やキーボードを見なくても打てるように、画面に指の配置が表示されるので、ついキーボードを見ちゃうクセを直すことができます。
オリジナルの検定試験(無料)もあるので、自分の成長具合も簡単にわかります。

Sara-DA
Flashタイピング「皿打」

慣れてきたらこちらでスピードアップの練習!タイムアタックでどれだけ打てるかを判定します。

Flashタイピング 寿司打
こちらも上の皿打同様、流れてくる寿司をタイピングで食す、タイムアタック形式です。
少し上級者向け。これが出来るようになったら、Webライターとして活躍できます!
私もいまだにやっています♪

上の3サイトはどれもFlashなので、iOS/Android向けはこちら
●らくらく脳トレ!シリーズ タイピング練習〜日本の名所〜
iPhone版 iPad版 Android版
スマホやタブレットでタイピングを行う場合には、キーボードを用意してくださいね♪

私はロジクール K380BK(ブラック) マルチデバイス Bluetooth キーボードを、iPhoneとiPadにつなげてタイピングしています。

②まずは何から始めればいい?

最初からいきなり単語を打とうとするのは辞めましょう。
まずはどのキーがどの場所にあるかを把握できるようになるのが大事です。
e-typingではキーボードの段ごとに練習ができるので、少しづつ的確にキーの位置を覚えられるようになってきます。

③キーの位置を覚えたら単語のタイピングに挑戦!

キーの配置がだんだんわかるようになってきたら、いよいよ単語の練習です。
ここでは焦らず、ゆっくり時間がかかってもいいので、正確に打っていくようにしましょう。
最初は2~3文字程度の単語や擬音語の練習。
慣れたら少しづつ文字数を増やしていきましょう。

●誰にでもあるスランプ

タイピングを練習していると、どういうわけだかスランプがやってきます。
それまでは上手く出来ていたのに、なぜかある日突然、急に下手クソに戻ってしまうのです。

こんな時は思い切って、タイピングのことは2〜3日忘れてみましょう!
忘れた時にもう一回再開してみると、不思議なことに以前より上達していることがあります。

煮詰まったら、思いっきりパソコンのことは忘れてゆっくりしましょうね!

●定期的にタイピング検定やタイムアタックのタイピングで安定感を!

一度習得してしまえば、Webライターの作業でタイピングの使用頻度も高くなるので、ほぼ忘れることはないと思います。
スランプもだいぶなくなってくると思うので、楽しいタイピング生活を送ってください♪

タイピング練習まとめ

この方法で、実際わたしはタイピングを2週間で習得しました。
今はe-typing検定で3級合格レベル、2級はその時々によりけりという感じです。

というか、このタイピング検定って、長文はそこそこいい点取れるんですけど、単語がダメ!笑
パッと出てくる文字を理解するのに時間がかかるのです・・・おばあちゃんか!笑

会計知識がなくても使いやすい!開業している主婦ならfreee
【アフィリエイト開業】毎月の記帳方法を解説!※freeeの解説もアリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加