【必読】在宅ワーク・内職詐欺の特徴と被害に遭わないために絶対に覚えておくべきこと

ネットで在宅ワークの情報を調べられる便利な世の中になった昨今。
そのおかげで在宅ワークで稼いでいる人も増えています。
しかし、それと同時に、在宅ワーク詐欺に遭ってしまい、騙された人もまた多くいらっしゃいます。

在宅ワークと言えば、主に子持ち主婦や持病持ちの方など、働きたくても、何かしら理由があって働けない人」が探していると思います。
そういった人の弱みに付け込んで金銭をだまし取ろうとする悪質なバカ野郎が、世の中にウジャウジャいるわけです(`・ω・´)

人の弱みに突っ込んで騙そうとするなんて、本当に最低!ですよね!

これから在宅ワークをしようと考えているアナタ。
もうすでに在宅ワークを始めているアナタ。
今一度、悪質な詐欺に引っかからないためにも、是非、目を通してみてくださいね。

在宅ワーク・内職・副業詐欺とは?その手口は?

主にネットを中心に詐欺が蔓延しています。
誰でもネットで発信できる時代なので、それを利用して大金を騙し取ろうという輩が増えてきています。

騙そうとしている人の特徴

(1)過剰広告・誇大広告(いわゆる大袈裟)
詐欺系はカモの気をひくために、やたら大袈裟に広告を出します。

主婦が育児の合間に作業して月50万円!
○億円稼いで会社を辞めました!

などなど。

煽るのも上手くて、詐欺ページのデザインなんかは、楽天のような購買意欲を掻き立てられるページのデザインになっていますよね!うまい!笑

(2)文章が長い
で、こういうことを信じさせるために(洗脳させるために)、彼らはやたら長い文章で説明してきます。
時間をかけてゆっくり洗脳させていくんですね。
何回も何回も同じことを言って。

わたし的には記事が長すぎて読むのだるいんですけどね。
もっと端的にまとめてくれ!笑

(3)儲かれば自分のようになれると、華やかな生活を見せる
広告でもそうですし、個人のブログでもよくあるのが

「私がこんないい生活しているのもビジネスのおかげ♡だからアナタも私と同じようにやれば、同じような生活が出来るわよ♡」
と言っているようなやつ。

実際はそんなこと言っていないんですよ!
でも華やかな生活をただUPするだけで、なぜだかカリスマ的になるんですね。

で、そういったものにハマるのは10〜20代の若者が非常に多い。

そして、こうして騙す人間もまた、自分と近しい年代の人をターゲットにしてくるわけなんですよ。

つまり、手の届きそうな憧れにさせるのです。

こんな在宅ワークには気をつけて!

image
ざっと特徴をあげてみましたけど、では実際にどのような在宅ワークが危ないのか1つづつ見ていきましょう!

①初期費用のかかる内職

やはり費用がかかるのはありえないです。
で、「お金は払えない」というと、決まって「払った分は取り戻せる!」って言うんですよ〜。どんな定型分なんだか!笑

初期費用というのは、

  • 登録料
  • 紹介料
  • 教材費・検定費

こういったものですね。

お金がないから仕事をするのに、最初にお金がかかるってのもおかしくないですか?
だって普通にアルバイト・パートが決まる時に数万円もかかりますか?
かからないですよね!それに、収入が保証されるってことは絶対ありえないのですよ!

もし仮に、本当に毎月いくらか支払ってコンスタントに〇〇万円を手に入れられるのならば、成功報酬でもよくないですか?

②情報商材系

これもどうなんでしょうね〜…
ただの情報(しかもPDFファイルに入れただけのようなもの)に数万円とかわけがわからないのですが・・・
中にはいいものもあるんでしょうけど、それはほんの一握りで、おそらく8〜9割は詐欺だと思います。

ちなみに情報商材というのは、

  • パチンコ・スロット必勝法
  • たった1日数分の作業で月収数百万円!
  • あれをするだけであなたが困っちゃうほどモテモテに!(非リア向け)
  • たった数秒でFXで数億円の利益!

みたいなものです。

情報商材はアフィリエイトが主なので、売れば売るだけ報酬が得られます。
ネオヒルズ族の与沢翼がインフォトップという情報商材アフィリエイトで数億円の利益を叩き出していましたけど、ネットでもいろいろ噂されていますよね。
彼もメディアに出て華やかな生活の一部を見せて、それを見た人が「俺(私)も、こんな風になりたい」と思って、彼の真似をする。
やり方としては非常にうまいですけどね。

ただ、本当に稼げたとしても、どんな人でも稼げるかどうかといったら、それはありえないですし、やはりリスクも伴うものです。

わたしは情報商材をしている人は基本的に信用できません。
それを売るのが目的でわたしに近づいてきてるのかなと思ってしまうからです。
なので、深いお付き合いはしません。信用できませんから。

情報商材アフィリエイトをやる人は、ハナからどっぷり信用するのではなく、かなり慎重に見極めた方がいいですよ。

③ 詐欺にあった人を助けようと見せかけて詐欺をする詐欺

何言ってんの?って感じですが、要は
在宅ワーク詐欺にあって泣き寝入りしているような人に対して、「こちらに相談すれば支払った額を取り戻せますよ!」と、相談を促し、多額の相談料をむしりとる超最低な人たちです。

一見、立派なホームページを持っているのですが、ただそれだけで、会社概要が書かれていないとか、代表者の名前が書いていないとか(もしくは苗字だけとか)料金表示がないとかね。

信頼できる在宅ワークを見つけるために必ずすべきこと

image
ネットで気軽に見つけることが出来る在宅ワークだからこそ、探す時に細心の注意を払わないといけません。
「あ!これならわたしもできる!」と思っても、しっかり注意しましょう。
むやみやたらに行動しないで、一呼吸置きましょう。

(1)会社概要を見る
信頼できるところなら会社概要の記載があって、住所・電話番号・代表者名(フルネーム)・資本金・設立日・従業員数などは絶対書いてあります。取引先明記もあると信頼度がぐっと上がりますね!
もし見分けつかなくて不安な方は、会社所在地をググってみたり、googleストリートビューで検索するといいですよ。
それで空き地が出てきたり、バーチャルオフィスだとちょっとあれ?って感じですね。

そうそう、私は楽天の通販を利用する時に絶対といっていいほど店舗情報を見るのですが、代表者名がアジアを匂わせる名前だと購入しません。

(2)中身のわからないものに決してお金を払わない
情報商材とか、教材とか。不透明なものに関しては絶対お金を払わないことです。
私も複数のクラウドソーシングを利用していますが、お金を払ったことは一切ありませんよ。

もうだからこれは絶対覚えておきましょうね!

  • 「お金を払わなきゃ、仕事を紹介してもらえない」
  • 「払ったお金はすぐに元が取れる」
  • 「誰でも簡単に月収〇〇万円」
  • ・・・ありえません!!!!爆笑

    (3)最初は疑おう!
    おそらくこういうのに引っかかるような人って、なんでも信じてしまう心の優しい人たちではないでしょうか?
    それに断れないタイプだったりしませんか?

    ネットの情報は、全て正しいとは限りません。
    ネットで何かを利用する時はまず運営元を調べる癖をつけておきましょう。
    その上で、その会社名や代表者名をググったり、所在地を検索してみたり。
    少しでもあれ?と思ったら絶対に手を出さない!
    あなただけではなく、家族をも迷惑を被ることになりかねません。

    さいごに

    今回はネットを中心とした在宅ワーク詐欺についてお話ししてみました。
    弱いものを狙った悪質な在宅ワーク詐欺はもちろん、騙されている人の弱みに付け込んでさらに打撃を与えるような鬼畜な奴もいるので、ネット上での在宅ワーク・内職・副業探しには十分に気をつけるようにしてください。

    よろしければ、私がおすすめしているwebライターなら無料で始められるので覗いてみてくださいね♪
    http://syufuwriter.com/2016/01/29/webwriter-work-page5/

    スポンサーリンク