【子育て×在宅ワーク】Webライター,ブログ,アフィリエイトで2016年開業!5歳3歳姉妹の育児とミニマリスト。

元アパレル現ミニマリスト主婦が在宅ワークで収入を得るブログ♪

書籍の紹介(書評)

『クビでも年収1億円』を読んでみて。見解とマインドが変わってきたかもという話。

更新日:

先日、本を借りました。
小玉歩さんの「クビでも年収1億円」です。
前々から読んでみようと思ったのですが、今回は図書館にあるとのことで予約して借りてみました。
相変わらず本は買いません。相当気に入ったら買います!
・・・てこで今回は書評です。

楽天はこちら→クビでも年収1億円 図解・実践編

電子書籍版はこちら→【図解・実践編】クビでも年収1億円【電子書籍】[ 小玉 歩 ]

小玉歩氏のゴールデンルール。実は誰もがやっていることだった!?

ここでいうゴールデンルールは、ヤフオクで家の中の不要品を売って、その資金で今度は近所の骨董品で仕入れたものを売って、次のステップではネットショップを開いて経営の手応えを感じたら、メルマガアフィリエイトを始めて、最終的に情報商材やコンサルで稼ぐ・・・・という手法です。

このゴールデンルール・・・【不要品を売る→骨董品で仕入れたものを売る→ネットショップ→メルマガ→情報商材&コンサル】これを見て何か気づきませんか?
わかった方はめちゃめちゃ鋭いです!経営向きかもしれません!

答えは、「段階を踏んでいる」ということです。

で、この「段階を踏んでいる」って誰もが絶対経験していることんなんですね。

【不要品を売る→骨董品で仕入れたものを売る→ネットショップ→メルマガ→情報商材&コンサル】

と、だんだんレベルが高くなっていっていますよね。

つまりはこれ、すごく端的に言ってしまえば、教育の過程と同じことなんですよね。

いきなり小学校で因数分解の授業は行いませんよね。

赤ちゃんにいきなり固いリンゴなんてあげませんよね。
固くて飲み込めないので、必ずすりつぶしてあげると思います。
少しづつステップアップしていきますよね。

ビジネスに関しても、大学を卒業していきなりウン千万とか億単位で稼ぐ人っていませんよね。

なにをするにも人は簡単なことから始めていくと思います。

これがビジネスの基盤ということになります。

最初から目先の数字だけを追い求めず、小さいことからコツコツと活動する。
この基盤ができている人が成功しやすい人なのかなと思います。

それに、家の中の不要品を売るのって敷居低いでですよね。
ヤフオクを始め、今はメルカリやモバオクなど、いろんな売買媒体がありますからね。

こういった身近な些細なことがビジネスチャンスに繋がっていくんだよというわけです。

誰もがしっかりステップを踏めば、成功の道は開かれるということですね。

稼げる人に共通することは「行動力」

で、上記のゴールデンルールも、ただぼーっとしていただけではもちろん稼げないということですね。
行動しない人は、いつまでも現状打破出来ません。
逆に失敗をしても行動する人は、失敗から学ぶことも多いので、その経験をもとにさらに自信をつけていきます。

行動しない人はいつまでたっても今のまま。
行動している人は、失敗もあるけれどやがて大きな糧となる。

失敗は成功の元と言いますよね。

まさにこのことだと思います。

稼ぐためにはまず行動、やってみるのが一番だと。

これには当たり前のように、なるほど納得しました。
お金を稼ぎたくて、“バイトの面接を受ける人”と、“求人誌を眺めているだけの人”と
稼げるチャンスはどちらに多くあるか?ということだと思います。
明らかに前者ですよね。

稼ぎたいのであれば、失敗を恐れず行動あるのみ。

ゴールデンルールのデメリット『初期費用』

小玉氏の言うゴールデンルールにはデメリットもあります。
それはすくなからず初期費用がかかること。

えっと、まずは家の中の不要品を売るとのことですが、私みたいなミニマリストな人にはもう売るものってほとんどありません。
売れたとしても。家中をかき集めて1万円行いくかどうかは怪しいところです。

そうなると、骨董市で掘り出し物を仕入れなければならないのですが、これには初期費用がかかってしまいます。

ゴールデンルールにwebライターを取り入れてみよう

そこで私がここで提案したいのが皆さんにも副業としておすすめしたいwebライターなんですよね。
Webライターのいいところは完全に無料、初期費用も当たり前のように無料と必要なく出来るところです。

システムの利用料として手数料がいくらか惹かれますが、稼いだ分から割合で引かれるので、自分のお財布を開く必要はありません。

Webライターで実績を上げていて、文章作りにの長けている人であれば、メルマガでも十分やっていけるのではないかと思います。

情報商材にいいイメージはなかったけど、『クビでも年収1億円』を読んでそれが覆されたかもしれない。

この書籍で一番吸収された部分はここかもしれません。

私、全然情報商材に興味ないですし、むしろ詐欺じゃないのくらいに思っていました。
だって、〇〇するだけで月収100万円!とかそんなおいしい話あるわけないじゃないですか。「そんなんあじゃ騙されないよ、バカじゃないの?」位思っていました。

けどね、この本に「成功している人のことを完全コピーしているわけではない」って書いてあったんですね。

つまり、「成功している人からノウハウを学んで、それを実際に自分で実践するけど、それで成功するまでの“過程”というのは、決して誰かを完全にコピーしているわけではなく、いくつかの自身のオリジナリティが含まれている」ということなんです。

要は、元となった情報に対して少しのオリジナリティがあれば、それは商品として価値があり、十分情報商材として売れるというわけなんですね。

しかし、名も知れてない人が売ってもおそらく信憑性はありません。
私が今ここで“しゅふりのノウハウ”として情報商材を販売したとしても、みなさん全然見向きもしてくれないと思います。

そこで、ビジネスの基盤となる、小玉氏で言えば“ゴールデンルール”の最終段階で、自身の成功した過程やノウハウを【情報商材】として売り出すことで、利益を叩き出すということなんでしょうね。

成功してない人よりも、実際の成功者からの方が情報の信憑性もありますし、「この人と同じようにやれば、自分も同じように出来るかも?!」という気持ちが大きくなるものです。

これには目が鱗でした。

仕組みこそ同じようなものと理解していたものの、(誇大広告でカモを募って、教えるのは具体的なノウハウではなく自分と同じようにすればいい)割とホワイトな感じのものでもあるんだな、というのが率直な感想。

ただ人によっては「他と内容が変わらない」とか思うこともあるでしょうね。

いい印象を持った反面、「結局はマルチ商法のようなもの」という印象も受けました。

それでもセミナー・コンサルは基本的に信用ならない

ネットでいろいろ検索していると、情報商材系の詐欺をしている人も少なからずいるわけなんですよね。

小玉氏のこの書籍では、ビジネスモデルの最終形態が【セミナー、コンサル】になっているのですが、この2つは特に気をつけたほうがいいと思います。

セミナーやコンサルは基本的には“対人”なわけです。
そこで詐欺まがいのセミナーやコンサルに行ってしまったら・・・・ガッツリ売り込まれて、帰るに帰れない状況だったら・・・??
ネットでは顔が見えないので、いい意味で裏切れるというか、逃げれるわけです。

しかし対人の場合ってそうは行きませんよね。

下手したら、何か高額の商品を買わされたり、場合によっては消費者金融で借金させてまで何かを契約させられてしまうかもしれない。
断ることができない人は要注意したいですね。

借金させるのは完全にアウトですよね。
これで例え儲かったとしても、基本的に「消費者金融からの借金」というのはブラックになりやすいものです。
金利も高いですし、得策ではありません。

実際こういうのがあるわけですからね。

お時間があれば、「情報商材 詐欺」や「コンサル 詐欺」でいろいろ見てみてくださいね!

『クビでも年収1億円』を読んで;まとめ

今回この本を読んで、感じたことは『行動しなければ成功の道はない』ということでした。
書籍自体は非常に読みやすく、ただ漠然と『お金が欲しいな〜』と思っている呑気でアホな私でもすごく理解しやすかったですし、「稼ぐマインド」になったと思います。

ただ書いていることは基本的なことだと思いますし、「1億円のノウハウ」を期待してはいけないのですが、「稼ぎたい!!!!!!」と思った時にうまく「稼ぐマインド」を掻き立ててくれる本だな〜思いました。

書いてあるゴールデンルールも、非常に簡単な内容です。

簡単なので、「私も出来そう!」と思いました。これが「稼ぐマインド」なのでしょうね。

一度読んでみるといいですよ!買うまでしなくてもいいかなって感じですけど。
何かをいいヒントが見つけられるかもしれません♪

楽天はこちら→クビでも年収1億円 図解・実践編

電子書籍版はこちら→【図解・実践編】クビでも年収1億円【電子書籍】[ 小玉 歩 ]


会計知識がなくても使いやすい!開業している主婦ならfreee
【アフィリエイト開業】毎月の記帳方法を解説!※freeeの解説もアリ

-書籍の紹介(書評)
-, , ,

Copyright© 元アパレル現ミニマリスト主婦が在宅ワークで収入を得るブログ♪ , 2017 All Rights Reserved.