みんなが勘違いしがちな『ミニマリストの選ぶ“質の良いもの”』って結局はこういうことだった!

常日頃、何か買う時には「長く愛用できるように、質のいいものを選ぶ」をモットーにしている私ですが、実は言うほど「質のいいもの」を使っているわけではありません。

「質のいいもの」というか、「質が悪くないもの」が正解かもしれません。

物を持たないミニマリストが極力物を買わないように、1つのものを長く愛用するためには、自然と質の良いものを選ぶのが条件です。

質のいいものを買うためにネットショップは使わない

以前、座椅子が欲しくていろいろお店を歩き回ったのですが、結局気にいるものはなく、たまたま見つけた通販で買いました。

でももうダメ、半年くらいで破けてしまったんです。
合皮を選んだ私も悪かったのですが、同じ合皮でもニトリのソファーは長く使っていたのに・・・(そもそもの合皮の質が違うのだろうけど・・・)
最初は安く買えてラッキーって思っていたものも、すぐ壊れてまた買い直すのであれば、最初からいいものを吟味して買ったほうがいいのではという話です。
必要なくなっても破けてしまったら売ったり譲ったりもできず、ゴミになってしまうのも悲しいですよね。

質の良いものとは、実際目で見て触ってみないとわかりません。
ネットショップはそれが出来ないので、なるべく使用しないほうがいいです。

ネットショップには楽天とかでも普通に偽物もありますので・・・要注意です。

質が悪いものって?

一口に質が悪いものって言っても、実際に使ってみないとわからない部分もありますよね。それにいくら質がよくても使い方が荒かったら意味がないです。
いいものを大事に、大切に使うのが一番です。

質の悪いもの・・・ざっくり言ってしまえば100円ショップはあまり使わないようにしています。
服もファストブランドはあまり使わないようにしています。(子供服は買い替え頻度も激しいのでお世話になっていますが♪)
とは言え、ファストブランドでも展開によっては質のいいものがあるので、それを探すのもまた楽しいです!

これだけは質の良いものを選ぼう!

  • 家具
  • 食べ物

基本的にこの3つは絶対質のいいものを選ぼうと思っています。
家具は賃貸なので、ニトリレベルで十分だと思っています。

同じような感じでIKEAもありますが。IKEAは最近Twitterで話題に上がっていた『IKEAは耐久性が良くない』というのを聞いて、改めて組み立て家具は良くないかなとも思いました。デザイン的には好きなんですけどね。消耗品感覚なのでしょうか。

靴も、絶対いいものを選びましょう♪

「いい靴は、いいところへ連れて行ってくれる」

これ、あながち間違いではありません!それに服が決まってなくても、靴がいいものなら不思議と全身決まってしまうものなのです!
スニーカー×2、レインブーツ、パンプス(冠婚葬祭)、ブーツ(冬)、サンダル×2(夏)
くらいの在庫数は抱えておきたいですね。
スニーカーは2〜3足持っていたほうがいいです。毎日履き替えないと、ニオイのもとやヨレの原因になります。
私はまだ子供が幼稚園に通っていないので、2足しか持っていないです。

食べ物も極力国産を選ぶようにしています。
質のいいものを言っても、高価なものを買うとかではなく、加工品を使わないレベルにしています。
調味料はいいもの使うと味も引き締まりますよね♪

まとめ

ブランドものとかを選ぶ必要はありません。
“質の良さ”にこだわらず、最初は“質の悪いものを掴まないようにする”ところから始めると、審美眼も養われると思います。

是非、日々の買い物でも質のいいもの探しをしてみてくださいね!

スポンサーリンク