【シュフティ】12,500円が入金確定♪1文字1.6円!高単価案件を狙うコツとは?

先日、シュフティで行っていたプロジェクト案件の報酬が入金確定されました〜♪
500円分の記事を25個納品で12,500円♪

image

ですがここからシュフティの手数料10%引かれますので実際手元に入るのは11,250円です。

今、換金手数料が無料になるチケットを持っているのでこのまま引き出しちゃおうかな〜なんて思っています。
シュフティは換金手数料500円と高めなのであまり引き出したくはないのですが、シュフティではあまり活躍していないので・・・笑

ちなみにこの案件、単価500円ですが300文字満たないくらいのボリュームだったので1文字1円以上の高額案件♪

クラウドソーシングって、自分から提案を出すような案件は基本的には単価が低めです。
今回のは招待案件だったのですが、その時の案件に比べたら作業量も少ないしそれでいて高単価で最高!
手軽に出来るタスクもいいですが、プロジェクト案件の方が割のいいお仕事の話をいただけたりするので出来ればプロジェクト案件を中心にお仕事していくのがいいかと思います!
参考記事;【見積もり提案方法】ランサーズやシュフティのプロジェクト案件で受注確率を86%UPするコツ

わたしが今まで経験した中だと、アンケートやモニターは再度のお仕事依頼も多いです。
とくに商品モニターは、改良の度に再度の使用をお願いされることがあります。

ライターの場合は初めから高単価を狙うのは良くないかなと思います。
スキルが伴ってないうちは低めの単価でやりやすいものをたくさん数をこなしていく方が得策です。
記事を書けば書くほど、自分の言葉もたくさん増えるので、語彙力がつけばどんどん多い文字数の文章も書けるようになってきます!

私、ランサーズで始めてタスクをやっていた時にはまともに200字も書けなかったと思う・・・

でもライターも慣れなワケで、どんどん書いていけば本当に気づかないうちにスラスラ書けるようになります!
最初はすずめの涙程度しか稼げないと思います。
しかし逆に言えば、ただ文章を書く練習をしているだけだとこれっぽっちも稼げませんよね?
でもクラウドソーシングのタスクなら文章を書きながら稼ぐことができるのです!

もちろん、ただの練習ではなくて、お金をもらうワケですから、それなりのクオリティのものを納品しないといけません。

そこで単価の低い案件なのです。

単価の低い案件は専門分野のものはほとんどなく、本当に誰もが手をつけられそうなものばかりですので執筆もしやすいと思います。

シュフティを始め、クラウドソーシングはできるだけ登録をしておいて、お仕事のチャンスを逃さないようにしていきましょう!
別記事で無料で登録できるサイトなどご紹介しています♪→ 【完全無料】主婦はもちろん、副業にも!在宅webライター募集サイト厳選5をご紹介!

スポンサーリンク