WordPressのドメイン変更手順②さくらサーバーの301リダイレクト設定方法

さて、前回の記事ではWordPressのデータ移行の方法について書きました。
エクスポートもインポートも、どちらもWordPressに搭載されているので非常に簡単にできることがお分かり頂けたかと思います!

無事にデータが移せたら301リダイレクトを設定します!

なぜ301リダイレクトが必要なのかですが・・・・。

ただ旧ブログのデータをインポートしただけだと、新ブログがただのコピーサイトという風にGoogle側で判断されてしまう恐れがあります。

アフィリエイトをやっているようであれば、この評価が非常に最悪ですし避けたい・・・!ですよね。

検索順位のことなので、むやみやたらにブログを削除せずきちんと301リダイレクトを設定しましょう!

さくらサーバーの301リダイレクト設定方法

301リダイレクトの方法はサーバーによって変わってきます。

私はさくらサーバーを利用しているので、さくらサーバーのやり方を今回まとめていきます!
(※他サーバーの方はごめんなさい!この一連の流れで私が参考したこちらのブログ→【超簡単!WordPressのドメイン変更をスムーズに行うには?】にエックスサーバーのやり方が書いてあります。
こちらのブログには非常にお世話になりました!この場を借りて、お礼を申し上げます。)

先に行っておきますが、FTPやPHPだのなんだの~ってのものは必要ありません!
ただ記入するだけです!

①さくらコントロールパネルにログイン

WordPressをインストールするところですね。

トップの左側の欄に「ファイルマネージャー」というのがあるので、そちらに行きましょう!

さくらコントロールパネルトップ

そうするとこのような画面に行くと思います。

さくらサーバーの301リダイレクト

モザイクばっかで申し訳ないのですが、左側にはそれぞれのブログのファイルが表示されています。

ここで該当する旧ブログのファイルを選びます。

左の画面で旧ブログのファイルを選んだら、右側では「.htaccess」というのを探してください。
選択したら、右クリックで編集を選びましょう。

すると、次はこのような画面が出ます。

さくらサーバーの301リダイレクト編集画面

パソコンに入っているテキストエディタ(メモ帳)と似たような画面になります。

ここに

「Redirect 301 http://新ドメイン~」

という風に記述して、保存を押すと、リダイレクトが完了になります!

もうこの瞬間から、旧ドメインにアクセスしても、新ブログの方に飛ばしてくれるようになります!♪

要注意!リダイレクト作業の前に。

301リダイレクトの作業が終了したら、最後の仕上げに、Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)にて、ブログのURLが変わったというお知らせをします。

この作業をすることにより、旧ブログの評価を引き継ぐことができますので、もし登録していない方がいたら、Googleサーチコンソールに登録しましょう。

また、あわせてGoogleアナリティクスというアクセス解析にも登録しましょう。

旧ブログと新ブログ、ともに登録しておきましょうね!

これらの登録にちょいと手間は取られますが、確実にアドレス変更をするのに重要なことなので、ぜひ登録をしてください。

まとめ

301リダイレクトは以上になります。

これ一個記述するだけで、どのページにアクセスされても、きちんと新ブログの方に飛ばしてくれるようになりますよ!
いちいちページごとにURLを書く必要もなし!!!

では、いよいよ最後にGoogleにお引越しの連絡をする手順を説明していきます!
あと少しですよ~♪♪

次の手順はこちら↓
WordPressのアドレス変更手順③Googleに引越しのお知らせをして正しく旧ブログの評価を引き継ごう!

スポンサーリンク