配偶者控除見直し!専業主婦・パート家庭は税負担が上がる?【駄文】

配偶者控除が2017年に見直し検討されるそうですね!

この配偶者控除を詳しくご存知の方はいらっしゃいますか?

会社員や自営業の夫がいる場合、年間の収入が38万円未満の配偶者がいるというだけで、夫の給料所得が配偶者控除といったもので課税対象額が減るということになります。
【※年間収入38万円~76万円未満の配偶者の場合、配偶者特別控除が受けられます。】

参考記事:配偶者控除|国税庁

例えば、専業主婦の夫の年収500万円だった場合、500万円全部が課税対象ではなく、500万円から【配偶者控除である、所得税38万円+住民税33万円】を引いた、429万円から所得税を計算するよって話です。

夫の節税になるってわけですね。

実際の控除は、これだけではなく、扶養控除や生命保険料控除、住宅ローン控除などもあり、盛りだくさん!

このブログを見てくれている方は主婦層の方が多いので、こんなことはとっくにご存知でしょう。でも念のため復習です…!

つまり、配偶者控除の見直し(撤廃になるのかな?)がされると、もし撤廃の場合は、500万円まるまる課税対象になってしまうので、損するのはすぐわかりますね。

さて、社会進出してバリバリ働く女性が増えている今、働いていない&収入を調整して働いている主婦が税収のターゲットになったわけですが…。

専業主婦をひとくくりに責めないで~。

なんかさ配偶者控除の恩恵を受けている専業主婦はずるいってネットで見ちゃったんだよ(・З・)

そういうけどさ、私のような専業主婦は本当損よ?

うちは国保・国民年金でお高い税金を市に払っているのさ。配偶者控除すらもなくなったら、本当ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーに!!!!

大負担ですよ(・З・)

いまですら国保・年金で7万円近く持っていかれているのに!

少人数の会社に雇用されている旦那なので、社保じゃないんです。で、雇用されているから経費使えないでしょー。本当にたぶん税金面では一番損しているんです、我が家。専業主婦ってひとくくりにしないでちょーだい。

私だって、会社員の妻はいいなーって思っているよ!

だって厚生年金の夫の扶養なら、実質年金負担していないじゃん。ずるいずるい(・З・)

こういうさ、配偶者控除もそうだけど、もう少し自営業と会社員での区別もしたほうがいいんじゃないかな~と思ったよ。

うちの人は自営業じゃないけどね、でも国保・国民年金の時点で似たようなもんだと思っているよ。経費の落ちない自営業ね。かわいそうに(・З・)

参考記事:「配偶者控除」見直しで議論広がる 「103万円の壁」撤廃で本当に女性が働きやすい世の中になるの?|BLOGOS

だから来月、個人事業主になります!

とはいえ、税負担が多くなるのであれば、稼げばいいのさ。

私はそんじょそこらのパート主婦並みにいま稼いでいるのだから…!

ってことで私は来月、個人事業主になります!
※前から考えていたことですけど(笑)

今年の収入が見込み60万くらい行きそうなんです。

そして、個人事業主にした方が子供も保育園に入りやすいので。

1~2年は個人事業主でバリバリ売上げ伸ばして、のちに法人成りすればいいでしょ(・З・)節税!節税!燃えるぜ。頑張ろう!勉強たくさんします!

配偶者控除

配偶者控除はずるいとかなんとか気にならないくらい稼げばいいでしょ~♪

“夫婦控除”は共働き世帯にも適用!?

ちなみに、配偶者控除見直しの代わりに、夫婦控除なるものが検討されているそうで、こちらは専業主婦やパート主婦のみならず、共働き世帯にも適用されるそうですよ~!

とにかく、今後の税制度は見逃せない展開になりそうですね!

今日は、駄文記事でした♪

スポンサーリンク