2016年9月の在宅収入まとめ!執筆本数は減ったけど収入額はUP!頭打ちになっている収入を超えるということ

10月になったので、9月に入った収入額のまとめを公開します。

主に収入があった日は3回。

コンスタントに収入があると、ちょっとうれしい気もします♡

今回はこのように↓↓

収入額 146,041円

  • ランサーズ 73,190円
  • 広告収入 15,800円
  • アフィリエイト 7,051円
  • 臨時収入 50,000円

執筆本数 26本

臨時収入というのは前回の記事でも書いたと思うのですが、ちょっと大きな仕事が入りまして50,000円が入りました。

残念ながら今月だけなのですが、その50,000円をのぞいても96,041円と、10万円近くの収入がありました。

アドセンスは7月分、8月分と、2ヶ月まとめて振込があったので、少し多めに。8月分は振込額の8,000円を超えていて、9月も最終で10,000円越えたので、今月からコンスタントに振込がある予定…です。

成長した9月!

8月が75,000円ということで、9月は前月に比べて20,000円を超えた金額でした。

アドセンスがまとめて振り込まれたことも多いのですが、実は8月に比べて執筆本数は10本減っています。

執筆本数が減っているのにも関わらず、収入が増えているということは、稼ぐことの効率化が出来ているという証拠!

実はランサーズの9割が校正・編集のお仕事なんで、請負のwebライターとしてはもうほとんど活動していません。

なので、執筆本数はこのブログと合わせて、全部で4つのブログの執筆本数を足したものです。

mac

ちなみに大体1記事の字数は1500~2000字くらいです。
しっかり内容を濃くするともっと字数が多くなることも。

最近はあくまでもランサーズでの仕事は学ぶ場所と考えています。

きちんとフィードバックをしてくれるところで執筆していますので、何がダメなのか?どこをどうすればいいのか?丁寧に指摘してくれるクライアントの元で、とても成長させてもらっています。

ランサーズやクラウドワークスなどをやるときに、タスクとプロジェクト、どっちのがいいの?みたいな疑問ってあると思うんですけど、私的には「文章力を伸ばす」という意味ではプロジェクトの方がいいかなと思っています。

これは長くなりそうなので、また別記事にまとめましょうかね。

執筆に割く時間を減らして読書時間を増やす

年末までに50冊を読もう!計画♡実行中です。

9月末時点では13冊読了しました!

ブックオフで安く仕入れたり、Kindleや楽天koboなども活用しています。
Kindleについてはこちら→【読み放題】Amazon Kindle Unlimitedに30日間お試し登録!おすすめの本は?

主に読んでいるのはビジネス・自己啓発系、育児系、金融系です。

自分の稼ぐ能力と、子供の教育について常に真剣に考えているので、身になる本をチョイスするようにしています。

前回も書きましたが、一流の育て方を昨日読み終わりました。

それでもまだまだ読みたい本が山ほどあって、図書館の予約もいっぱいですw

読書をすることで、なによりも言葉のストックというものが増えているので、ブログを書く上ですごく役に立っていますし、文章の成り立ちとかそういうものも学べています。

ちなみにビジネス・自己啓発は、時間の管理だとか、そのまま在宅ワークに役立つ知識を吸収しています。

育児本はそのまま子育てのヒントを。子育ても一筋縄ではいかないので、いかに多くの育児ノウハウを吸収して子供たちと向き合うか。そういう意味で本を選んでいます。

金融系は、お金の運用方法や、うまい使い方、投資などですね。
9月は個人事業主にもなっているので、税金の本も読んでみたいです。

読書

とにかく読書が楽しくて仕方がありません♡

勉強と在宅ワークのバランスを大切に♡

タイピングも全く出来ないまま、ゼロから始めた在宅ワーク。ある程度稼げるようになると頭打ちになってしまう時期が来ます。

そうなると、現状を変えていかなければ、収入は伸び続けません。

そんな時に新たに知識を入れる一番の方法が読書です。

ネットで見るのもいいのですが、端的なことしか書いていませんし、“しっかり時間をとって向き合う”ということこそ、読書をするのに意味があります。その結果、知識がついて限界以上の収入を得ることができるのかな~とも思います。

まだたかだか10万円未満の収入で偉そうに言うわけではありませんが、ノウハウを多く知っているということは、稼げる道がたくさん開けるということですからね。

忙しくても時間を作ってたくさん本を読んでおいた方がいいです。

インプット(読書)と、アウトプット(仕事)のバランスを大切に♡

習慣化しよう!

スポンサーリンク