レゴデュプロは長く遊べる♡2歳差育児も知育にもオススメ!

我が家のおもちゃは、リビングとクローゼットの一部に収納して、適度に入れ替えをしながら遊んでいます。
そんなおもちゃたちですが、もうかれこれずーーーーーっと遊んでいるのが、レゴデュプロ!

ちょっと前までは危ない使い方しかできなかった我が家の姉妹たちでしたが、最近ではようやくまともな遊び方をしてくれるようになり・・・笑

やっぱりレゴは強いな!!と実感。

4歳と2歳の姉妹が仲良く遊べたおもちゃ4選!おもちゃ収納の話も♡
子どものおもちゃって気を抜くとめちゃめちゃ増えまくりますよね~。 その中には一瞬で飽きてしまって、全然見向きもしてくれないものも(泣) ...

以前書いた記事では「うちの姉妹じゃ遊べないよ!」とプンプンしていたのですが、ようやく前言撤回できそうです!

スポンサーリンク

持たない暮らしを実践するのであればレゴは最強かも!

少し前の我が家の姉妹はレゴを出しても、「何かを作る」というわけではなく、ただ長い棒状のようなものを作って、それをまるで剣のように扱い姉妹で戦っていました(男の子か!)

それが非常に危なくて、何度もなんども注意をしていたんです。
まだ次女も小さかったですし、それに取り合いでケンカが勃発してうんざりすることも・・・。

そんな危ない時期を経て、レゴをいろいろ発展させて遊ぶようになったのがつい最近。

お店やさんごっこをしたり・・・
迷路を作ったり・・・
お城を作ったり・・・

いろいろ子供なりに思考回路を働かせながら、レゴを楽しむようになりました!

img_5432

これはアリエルのお店と、お客さんはミッキー♪

2歳児にまだ普通サイズのレゴは危なかった・・・

我が家は今普通サイズのレゴも、レゴデュプロもどちらも持っているのですが、まだまだ小さいレゴではあそびにくいです・・・。
4歳の長女なら大丈夫なのですが、2歳児はブロックをはめることは出来てもせっかく作ったものを破壊してしまう恐れがあるため、まだちょっと早そうです(´;ω;`)

一応持っているレゴはこちら↓

ラプンツェルは次女(2歳)も好きなのですが、いつも塔を破壊しちゃいます(´;ω;`)
大事に遊んでいた長女は発狂・・・。
ケンカ防止のため、とりあえずおもちゃ収納庫へ一時避難。

クラシックアイデアパーツはとにかく多いので・・・(笑)もしこれを出すっていうときは、おもちゃは全部しまっちゃいます。

片付けそびれた透明パーツを踏んだときは痛かった・・・。

1歳半〜未就園児ならレゴデュプロが安心

レゴデュプロは対象年齢1歳半から。
我が家では長女が1歳過ぎたくらいに購入したかと思います。

サイズ的にもやっぱりまだまだレゴデュプロが安心ですね。

ぶっちゃけ4歳くらいになったら、もうレゴデュプロなんて見向きもしなくなるだろうと思っていたのですが、まだまだ全然あそべそうです◎

こちらはタイヤ付き↑

アリエルとフランダーが付属していて、他にも滑り台やブランコといったパーツがあって姉妹たちに人気です。

img_5436

デュプロサイズの太っちょのアリエル、最初は見慣れませんでしたが、今では愛おしい・・・(笑)

知育的にもレゴはおすすめ!

レゴだといろいろ発展させて遊ぶことができますので、おもちゃを増やしたくないのであればレゴは本当におすすめ!

現代のおもちゃは勝手にしゃべってくれたり、いちいち細かいパーツが多かったりしますよね。

そういった「親切なおもちゃ」よりも、シンプルなおもちゃを与えた方が、子供の想像力を膨らませられるのです。

「親切なおもちゃ」に関しては、賢い子どもは「家」が違う!ではこのように述べられています。

「遊びでアタマを賢くする」という観点から見ると、このような「親切なおもちゃ」効果的とは言えません。
そこには「試行錯誤」もなければ、「創造性」もないからです。

想像力は「親切なおもちゃ」では到底伸びない力です。しかも、「親切なおもちゃ」は完成度の高いものが誰でも作れる一方で、自分なりの工夫を加える余地がなく、一度作ったら満足してしまうなど、すぐに飽きてしまうのが大きな欠点なのです。

おもちゃはシンプルなものを選んだ方が、考え抜く力、想像する力が身につくんですね。

お店やさんごっこをしたくて、わざわざお店のおもちゃを買うよりも、レゴでお店を作ることだってできます。

ブロックを一個使ってレジや商品に見立てることもできます。

こうしてアタマを使って想像力を働かせることが、知育にも一役買うわけなんですね。

プレゼントに悩んだら「レゴ」!

種類も多いので、誕生日やクリスマスに「何をあげよう?」と悩まなくても、シリーズの他のものを買い足していくだけでもOK!
選んだり悩んだりする時間って意外と消耗します。それならいっそのことイベント毎に買い足していく方針の方が、ストレスフリーです。

img_5437

アンパンマンとの互換性もいいですよ◎

プレゼントに悩んでいる方は、ぜひ「レゴ」も検討してみてくださいね!

参考書籍↓


楽天はこちら→賢い子どもは「家」が違う! [ 松永暢史 ]

会計知識がなくても使いやすい!開業している主婦ならfreee
【アフィリエイト開業】毎月の記帳方法を解説!※freeeの解説もアリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加