Webライターで稼ぐには単価よりも「企画・構成されている案件」かどうかが大事!

ブログのタイトルフォントを変えました(╹◡╹)
初めてFTPをいじりましたが、これ超面白いですね!
これからはちょくちょくブログをカスタマイズしていこうと思います!勉強勉強〜♪

最近Webライターから離れ気味ですが、1年ガッツリとライターをやって思ったことがあります。
それは「効率よく稼ぐには単価よりも中身が大事」だということ!

フリーランスという時給制ではない仕事は、限られた時間の中でいかに効率よく稼ぎ出すかというのが、結果につながってくると思うんです。

例えば、、、
1.600文字300円、内容などはライターにお任せ(ジャンルはある程度決まっている)、画像必須

2.1200文字600円、ざっくりと内容が決まっていて参考資料も添付してある、画像必須

この2つの案件。
同じ0.5円ですが、どっちの方が取り組みやすそうに見えますか?

600字の方が、文字数も少ないですし、内容もお任せで簡単に、且つたくさん書けそうな気がしてガツガツ稼げるような気がしますよね。しかし、意外とそうでもないんです。

記事を書くというのは、企画や構成を練るのも結構大変な作業です。むしろ、企画・構成は別単価にしてもいいくらい。実際ライター案件を見ていると、企画・構成は別案件というのはたくさんあります。

それが、次に見る1200文字600円。

文字数も多いので時間がかかって効率悪いかな?と思うのですが、こちら側で企画・構成をする必要がないので、やりやすい。
内容はもちろん、見出しやキーワードなどがきちんと選定されているので、本文にしっかり注力できるのです。
もちろん、ある程度こちらで調査は必要になってくるのですが…

実際、自分で企画・構成までやってしまうと、途中でブレたり、「ここ変えちゃえ〜!」ってゆるくなって文章がガタガタになりがちです。まあこれは私が企画・構成が下手なだけだと思うのですがwあとはクライアントの要望に沿おうと努力するばかりに、そっちに時間がとられちゃったり…ね。

その反面、クライアント側が提示してくれた企画・構成があれば、ブレる心配がありません。
それに沿って書いていけばOKなので。

企画・構成をこちらでやるのであれば、それ相応の金額を提示してくれるクライアントを見つけましょう!
ちなみに私が過去にやったのは、企画構成ライティングで1文字2.5円でした。

ということで、クラウドソーシングで仕事(ライティング/プロジェクト)を探すのであれば、ライターの負担が増えないためにも「企画・構成はこちらでやらなくてもよい案件」を探しましょう!

スポンサーリンク

【余談】単価を上げるというのは信頼の証でもある

クライアントによっては、定期的に単価を上げてくれるところと、そうでないところがあります。
ライターならだれもが望むところだと思いますが、単価は定期的にあげてもらいたいですよね。
モチベーション上がりますし、何より双方に信頼感が生まれます。

「単価を上げる」ということは、クライアント側にとっては負担になるとは思います。ライティングにかける予算がないからクラウドソーシングを利用するのも、気持ちはわかるのですが…。

これはクラウドソーシングを利用するクライアントに言いたいのですが、、、継続でライティングを募集しているのであれば、最初は単価が低くてもいいのですが、単価を上げる姿勢を見せたり、検討しているということも伝えていった方が、良質な納品物をもらえる可能性は高くなるかと思います。

私も、上記の600文字300円のところで長く書いていましたが、全然単価は上がらず…笑
しかも手数料&税込で300円だから手取り300円切るし、クライアントの他の募集要項みたら600字500円だしw
これは信用なくしますよ。
どんなに頑張っても単価上がらないのなら、仕事の思い入れ、なくなっちゃいます。

ライターは、最初はとにかくいろんな案件をこなしてみて、いろいろ見極めながら仕事を選んでいくのがベストだな〜と思います。

会計知識がなくても使いやすい!開業している主婦ならfreee
【アフィリエイト開業】毎月の記帳方法を解説!※freeeの解説もアリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加