【子育て世帯向け】賃貸テラスハウスに5年住んでわかったメリット・デメリット

今の家に住んでもうすぐ5年です!
当時は旦那の強い意見でテラスハウスに引っ越してきた我が家。
なんでも旦那はマンションにしか住んだことがなく、上下階という構造の家に強く憧れていたことでテラスハウスになりました。
私は生まれてからずっと実家が2階建てだったのですが、子供として住んでいるときと、主婦として住んでいるときだと
「あ~感覚が違うよなあ~」というのが私の意見です。

これから賃貸のテラスハウスに引っ越そうと思っている方に参考になるようなメリット・デメリットをまとめてみました!

【間取り図】我が家のテラスハウス

これ↓我が家の間取り図です。
すごく広く見えるのですが、実際はとても狭いですw

ちなみにテラスハウスとは、壁1枚でたくさんの部屋がつながった構造の部屋を言います。
2階建てのアパートのようなものが横に何棟もつながっているイメージです★

多くの場合、木造や軽量鉄骨のテラスハウスが多いかもしれません。

我が家も、軽量鉄骨のテラスハウスです。

1階がLDK(10畳)、お風呂場、洗面所、トイレ
2階が7畳の部屋、6畳の部屋

いずれもフローリングです。

我が家の良い点はクローゼットが豊富にあること!各部屋に1つ(一つはウォークインクローゼット)ずつと、階段横にもクローゼットがあるので収納には困りません。
そのため収納タンスは我が家はないんですよ~。

備え付けの収納があるかないかだけで、家具の準備の必要性も変わってくるかと思います!

テラスハウスのメリット

我が家なりのテラスハウスに住むメリットはこちら↓

  1. 角部屋なので隣の音が気にならない
  2. 旦那の友達が来ているときに2階に逃げることができる
  3. 洗濯物を見られることがない
  4. 車から玄関が近いので、大量の買い物も運ぶのがラク

(1)角部屋なので隣の音が気にならない

お隣さんとは壁1枚なわけですが、部屋やリビングが隣接している訳ではないので、隣の音はほぼ聞こえません。

真ん中だと、双方の音が聞こえてしまう場合があるかもしれません。それに壁1枚で部屋が隣接している恐れも。角部屋ならぜんぜん気になりません。

(2)旦那の友達が来ているときに2階に逃げることができる

めったに来ることはないですが、旦那の友達が来て夜中まで飲んだくれていても、子供と私は2階に避難できますので睡眠妨害もされません!

トイレに行くときは必然とリビングを通らないといけないので、完全に顔を合わせないわけにはいきませんが、これがリビングの外にトイレがある家の場合は、この課題はクリアできそうですね。

(3)洗濯物を見られることがない

同じような理由で来客時に洗濯物を見られる必要がありません。1階にも洗濯物を干すことができるのですが、うちは2階のベランダで足りてしまうのでOK。
洗濯物が多い人は、1階にも干す必要があるかもしれませんね。またはベランダ側の部屋を室内干しコーナーにして、外干しと併用してしまうか…。そうすれば洗濯物を見られる必要がないですね。

(4)車から玄関が近いので、大量の買い物も運ぶのがラク

実家の時は気づかなかったのですが、車から玄関が近いとなにかと便利ですね~!
旦那の実家の人たちと買い物行った時に思ったのが、マンションだと遠くて遠くて…!
車で買い物行って、週一スーパーでまとめ買い!ってのが多い人には、車から玄関が近いのが断然おすすめ。

テラスハウスのデメリット

そして今度はデメリット↓

  1. 全体的に狭い場合、子育てには向かない
  2. 子供が小さい場合、リビング横の和室が恋しくなる
  3. 子供と1階・2階どちらで過ごすかで意見が合わない
  4. お風呂のときの着替え問題

デメリットとしては子育てならではのものばかり列挙してしまいましたが、とくに小さい子供がいる場合、このデメリットに立ち向かわなければなりません。

(1)全体的に狭い場合、子育てには向かない

子供が小さい場合はべったりくっついて過ごすことが多いと思います。

そんな時、その過ごす部屋が狭いと密室育児のストレスに見舞われます可能性があります。というのも、私達母親って基本LDKで過ごすことが多いですよね?ごはんの準備なんかは時間かかるからキッチンにいること多いと思います。だからテラスハウスの場合、1階のLDKで過ごすのが基本になると思います。

そんな時、LDKが狭いとどうでしょうか?

1~2歳くらいの子ならすーぐおもちゃを部屋いっぱいに散らかしちゃいますし、1日中狭い空間で子供の声聞いていると頭痛くなることもあります(*_*)

うちは1階のLDKが10畳ですが、この広さだとぶっちゃけリビングかダイニングかどっちかだと思います。決して不動産のLDK表記に騙されてはいけません。リビングもダイニングもどっちもなんて欲張りには使えません(笑)実際我が家もダイニングセットは置かず、こたつのみです。本当はダイニングセットが欲しい…!

子供が生まれる前、旦那と2人だけだった時はとくに何も気にしていなかったダイニングの存在。 しかし妊娠中からヒシヒシとあったほうがいいのでは...

(2)子供が小さい場合、リビングの横の和室が恋しくなる

それで、2なわけですが、リビングの横の和室が恋しいです。良くマンションの間取りについていますよね。

狭いLDKで同じ1階で過ごすにしても、スペースがきちんと分かれていて、子供が遊ぶスペース、親がくつろぐスペースが用意されていれば、全然違うと思うのです。

小さい子供のお昼寝スペースにも重宝しますよね~。

(3)子供と1階・2階どちらで過ごすかで意見が合わない

スペースと言えば、テラスハウスの場合は上下階で分かれる形になります。

これよくあるパターンなんですけど、0歳のうちは1階に寝かして2階に洗濯物を干しに行こうとしてもすぐ泣いたりしちゃって。でもわざわざ寝ているときに抱っこしてしまうのも微妙じゃないですか。だからなかなか2階に行くタイミングがつかめない。

これが1歳くらいになると、後追いが激しく、洗濯物を干しに行くのにいちいち連れていかなければならなくなり、階段の上り下りで超消耗!自分で階段が登れるようになったら今度は落ちないように、うしろからそ~っとついて行って…って本当にこれが疲れる!洗濯物を持ちながらの親の後追いw地味に大変w

で、無事2階に行ったとしても今度は普通に抱っこをせがんできて家事どころじゃないんですよね!笑

さらに2歳を過ぎると、

ごはんの準備をしたいのに→「2階で遊びたい!」

2階の掃除をしたいのに→「1階でDVD見たい!」

って感じでわがままの対応(笑)別々に過ごせればいいのですが、まだまだ未熟な2歳児。1フロアを1人で過ごすにはまだまだ早いのです。やはりここで1階か2階かで振り回されてしまいます。

今長女が4歳ですが…4歳でもまだまだ一人で過ごせませんし、ちょっとした着替えを2階に取りに行くのに「一人じゃいけない~!!」って時もまだまだあります…。

(4)お風呂の時の着替え問題

4は特に旦那が感じているメリットなのですが…。

我が家は洗面所の収納がほとんどないため、洗面所に下着や着替えを置くことができません。なのでお風呂に入る前に2階に取りに行かなくてはならないのですが、これがめんどくさい模様。

お風呂の時だけじゃなくても、ちょっと着替えたいって時にいちいち階段を上らないといけないというのは、グータラ男子にはハードルが高いようです…笑

こんな人にテラスハウスがおすすめ!


さて上記メリット・デメリットを踏まえて、おすすめの人をまとめてみました!

  • 夫婦それぞれ来客が多い人(上下階で別で過ごしやすい)
  • 階段の上り下りが苦にならない人
  • (狭い場合)子供がある程度大きくなっている人、夫婦二人など

部屋の構造などにもよると思いますが、ざっくりとこんな感じでしょうか。
とにかくズボラな人にはおすすめしないテラスハウスw
そんなこと言ったら2階建ての戸建てすらも敷居が遠くなるかと思うのですが、賃貸テラスハウスに比べて一戸建ては間取りも広いでしょうし、収納問題など狭さの課題がクリアできればズボラでも2階建ては大丈夫かと思います。

私たち夫婦がココに引っ越してくる前に、同じくテラスハウスで2DK(1階にDK8畳、2階に6畳ずつ部屋)がありましたけどそっちにしなくてよかったとつくづく思います…。子育て向きではない。

ここをチェック!テラスハウスで外せないポイント


ここではテラスハウスを検討しているという方に、テラスハウスに絶対あるべき設備をピックアップしていきます!

(1)洗濯物を干す設備が充実している

テラスに出た際に囲い(?)がしっかりあると、女性はうれしいですよね!
その他にもあって嬉しいのが、物干し竿をかけるスペース。
また、室内にも物干しスペースがあると雨の日は非常に便利です。

同じ理由で、浴室乾燥機がついていると、布団やラグなど大型ものを乾かすのにも最適!

(2)クローゼットが各部屋にある

備え付けの収納というのは本当にありがたいです!よけいな大型の家具を持つ必要がありませんからね。
我が家では1階1つ、2階に3つクローゼットがあって、

  • 各種ゴミ箱・衛生用品
  • 子供のおもちゃ・季節品
  • 私と子供の衣類
  • 旦那の衣類

こんな感じで分けて使っています♪

クローゼットのおもちゃ収納はこちらの記事をごらんください↓
http://syufuwriter.com/2017/03/04/toy-closet/

(3)1階リビングの扉の開く向き

わたしがこの家で憎いと思っているのが、1階のLDK室内に向かってドアが開くという点です。
玄関から入る扉も、洗面所に行く扉も、どっちも室内に向かって開く上に、その2つの扉が近いためにその部分がデッドスペースなんです(´;Д;`)
我が家としては、壁面収納はまったくいらないのでいいのですが、ご家庭によっては収納家具が必要という場合、窓の位置・大きさと、扉の開く方向などは事前にしっかりチェックしておくといいかもしれません。

(4)1階LDKが長方形だったらリビングとダイニングがいけるかも?

我が家はLDKが正方形寄り。
そして上記の扉の開く向きなどもあって、リビングかダイニングか、どちらかにしてどちらかを切り捨てなければなりませんでした。(じゃないと究極に狭くなる!)

でももしかすると、長方形だったらいけるかもしれない…?

「スペースを区切る」という意味では、正方形よりも長方形の面積の方が長けているので、リビングもダイニングもどっちも諦めたくない!という人は、LDKが長方形になっているところを選びましょう。

賃貸テラスハウスのメリット・デメリットまとめ

5年間住んで思ったことを隅から隅まで吐き出しちゃいました!笑
またテラスハウスに住みたいか?と言われたら、上記のデメリットが解決できるのであればぜひ!!って感じです。

あ、あともう一点、居留守が使いにくいです。
その点はマンションってすごく魅力だな~と思います。

これからテラスハウスに住もうかなっと思っている人の参考になれば幸いです!(〃ω〃)

スポンサーリンク