『食費革命』を読んで、4人家族7万円の食費を見直してみました!

3月の食費はなんと7万円だった、4人家族の我が家( ; ; )
これはいかん!と思って、食費をもう少し抑える知恵を得るべく、図書館で手に取った本はこちら↓

その名も『食費革命』!

2009年の本なので少し内容は古いのですが、簡単に食費のムダの見直しをするにはとてもいい本でした。
109ページなので、本当に短時間でさらっと読めちゃいます(`・ω・´)

この本は、家計の中で一番削れる部分は「食費」と述べつつも、安い食材で済ませようとして満足とは程遠い料理で済ませようとするのではないという考えに共感(`・ω・´)

『食費革命』を読んで、取り入れたい食費節約ノウハウ

ざっと本を読んで、真似したいと思ったのが、こちら↓

  • 自炊にこだわりすぎない
  • お米はおいしく炊ければ安くてもOK
  • 乾物を利用する
  • 食材によって、冷凍・冷蔵どちらがの保存がいいか把握する

「節約」というよりも、調理ノウハウや保存方法にちょっと注目したいと思います(`・ω・´)

自炊にこだわりすぎない


レシピによっては、既製品を買ったほうが早かったり、値段も安かったり、というのありますよね。
とくに揚げ物なんかは、あまり食べない家ではその都度買ったほうがムダに食材を抱えなくて済むかと思います。パン粉とか。
コロッケとか作った日には、じゃがいも茹でて〜などで結構時間食うこともあります( ; ; )

それに、調理台の上もごちゃっとしますよね!
パン粉に卵に小麦粉に・・・・。

時間もかかる上に、パン粉などの具材も在庫を抱えないといけないとなると、時間もお金もムダになるような気がしませんか?

だったら少し割高でも時間をお金で買ったって思って、惣菜のコロッケを買ったほうが早いし、安上がりになりますよね。

目先の食費の安さだけではなくて、調理にかかる時間のコストなども加味して、自炊かお惣菜か、選んでいきたいです。

お米はおいしく炊けていれば安くてもOK


お米がおいしくないのは、罪だと思っています。
むしろ、おかずが少なくても、お米が超絶おいしければおかずの品数は少なくても大丈夫だと思っています(`・ω・´)

でもおいしいお米って、高いものを選べばいいってものでもない!

お米の品種によって、ベストな炊き方は違いますし、もちろん家族の好みの味もそれぞれ違うかと思います。

ちなみに前にテレビ見たのだと、お米を炊くときに酒を入れると、ふっくら炊き上がるというのを見ました( *`ω´)

『食費革命』においしいお米の炊き方は載っていますので、ぜひ見てみてくださいね。

乾物を利用する

そういえば気づいたのが、私ってあまり乾物を利用していなかったんですよ( ; ; )
ひじきとか、しいたけとか、いろいろありますよね。

それで、乾物って保存に長けているんですよね。
乾物をわざわざスーパーなどで購入するという方法もあるのですが、私がこれいいなと思ったのが、「余った食材を乾物にする」ということ。

大根が余ったら、細く切って切り干し大根に。
きのこ類も、しいたけなどを乾燥させておくと煮物や汁物に便利ですね♡
(しかも乾燥させると旨み成分がUPするそう!)

100均で乾物用のネットが売っているので、1週間くらいお日様に当てておくと、乾物の出来上がり♪

食材をムダに余らせて廃棄をするのではなく、長期保存ができるようにしておけば、食材ロスも減らせて便利ですよね。
結局のところ、食材のムダが食費オーバーにつながってしまいますからね。

食材によって、冷凍・冷蔵どちらがの保存がいいか把握する

お肉や魚、野菜、炊いたご飯など、保存をしようと思ったら、だいたい冷凍に入れると思います。
また、野菜はなんでもかんでも冷蔵庫に入れてしまう人も多いのではないでしょうか?実は、冷蔵庫保存が不向きの野菜もあるので、注意が必要です。

とくに根菜(じゃがいも・にんじん・玉ねぎ・さつまいも)などは、冷蔵庫ではなく、冷暗所での保存が適していると言いますよね。

食材にあった保存方法を把握して、おいしくムダなく食材管理をしていきたいですね。

まとめ

食費革命を読んで、ぜひ真似したいと思ったノウハウをわたしなりにまとめてみました!

仕事を始めて、忙しさにかまけて全然食費・食材管理ができていなかったのですが、少しの工夫で食費が劇的に変わるパターンもあるので、気を抜かずにしっかり管理していきたいですね。

ちなみに『食費革命』はこの他にも、

  • スーパーに行く前に最低限やるべきこと
  • 「味噌漬け」「塩漬け」「オイル漬け」「酢漬け」など各種漬け方
  • 食材の選び方

などが載っていますので食費節約にもう少しメスを入れていきたい方は、ぜひ一読をおすすめします!


楽天ブックス→食費革命 [ 松沢直樹 ]

スポンサーリンク