アドセンス記事内広告

時短家事

ミニマリスト流、食費節約7つのコツで今よりも予算を1万円抑えよう!

投稿日:2016年1月27日 更新日:

starPCのみ投稿記事上

家計がピンチの時に一番費用を切り詰めやすいのが「食費」です。

節約雑誌を見てみると、4人家族で食費が3万円台なんてツワモノが多く、本当にびっくりしますよね。

1ヶ月にかかる食費は、子供の年齢よっても大きく違いますが、本当に月3万円って可能なのでしょうか?

わたしはちょっとどう頑張っても無理(´・ω・)

しかし3万円とまではいかなくても、現在食費が月6〜7万円かかっている家庭は、今よりも1万円は食費の節約ができるかもしれません!

今回はそのノウハウをかき集めてきました!

ちなみにこの記事は、

  • 自炊する
  • 職場や学校にお弁当を持っていく
  • 食材は余らせない
  • コンビニは使わない
  • お菓子やジュースは買わない

など、節約を意識している人にとって当たり前にやっているようなことは一切書いていません。

これらをクリアした上でさらに節約をしたい!という人向けの記事です('ω')

ミニマリストな思考で日々の食事や買い物をすれば、今よりも1万円食費を節約することなんて簡単ですよ!

スポンサーリンク

食費の節約ノウハウ7つをご紹介!

では、まず7つのコツをまとめてご紹介します!

  1. お肉お魚は少なめで
  2. 薄味に慣れる
  3. 食べる量は腹8分目に
  4. おいしいものを食べる
  5. 余計な調味料は買わない
  6. 買い物は1人で行く
  7. 食費を固定費とする

この7つは、ざっくりと「食事の摂り方」「買い物の仕方」に分かれています。

1つずつみていきましょう!

1.お肉お魚は少なめで

お肉お魚は一食でどのくらい使いますか?

我が家では、丼ものレシピをよく作っていて、1食4人家族(30代夫婦+4歳+2歳)でお肉300gを使っています。

それでも少し余るので、余った分は翌日の旦那のお弁当のおかずとして活躍します。

さてここで注目したいのが、お肉お魚の「量」で考えるのではなく、必要な栄養素で考えてみましょう。

お肉お魚といったタンパク質は30代女性では1日40gあればOKなんです。

1日3食たべるとすると、1回の食事で15gのタンパク質を摂ればOKという計算ですね。

タンパク質40gというと、納豆1pとご飯200gで15gほどのタンパク質が摂れます。

豚肉は100gあたり14gのタンパク質が摂れるので、これにご飯をプラスすると1食分のタンパク質は余裕で超えてしまいますね。

1食分を作るのにお肉の量を多く使う家庭は多いと思います。

お肉お魚などのタンパク質は1人前1食100g以下というのを頭に入れて献立を考えると、食べ過ぎそして買いすぎを防いで、結果節約になってきます。

2.薄味に慣れる

濃い味に慣れてしまうと、お金がかかります。

極端な例ですが、

  • 濃い味が好きな人が、夕食に毎日マクドナルドのセットを食べる
  • 薄味でも大丈夫な人が、夕食に毎日野菜スティック+納豆+ご飯を食べる

どっちが食費がかさむと思いますか?

濃い味の人の方が食費がかさみそうですよね。

なので節約を意識したいのであれば、味覚の改革も必要です。

我が家では私は薄味派、旦那が濃い味派なんですが、私がお肉を塩コショウで出すと物足りないらしく、しょうゆやソースをかけています(笑)

しょうゆやソースを使うということは、それだけ食費がかさむということなんです。

濃い味に慣れてしまうと普通のご飯では満足できず、ジャンクなもの(スナック菓子など)も食べたくなってしまいます。

節約をしたいのであれば、薄味に慣れるとスムーズに食費が減らせます。

3.食べる量は腹八分目に

わたしは昔お腹いっぱいになるまでモリモリ食べていました。

とくに独身時代は食べてもそんなに太らなかったので、ライス大盛り、ラーメン大盛りは当たり前でした(笑)

たくさん食べて、ゴロゴロ寝っ転がってダラダラするのがすごく幸せでした!(とてもアパレルやっていた人の発言とは思えない!笑)

でも結婚して「これはいかん!」と思ったんです。

なぜならお腹いっぱい食べてしまうとそのあとすぐ動けなくて、家事がおろそかになってしまうから(笑)

そこで、ご飯を食べた後すぐにお皿洗いができるように、腹八分目を意識するようになりました。

当然食べた後すぐ動けますし、何より「腹八分目」なのでそれまでよりも食べる量が減ったので、これも結果節約に繋がりました。

しかもすぐ動いているからか、体重もキープ出来て、いいことづくしです(`・ω・´)

4.おいしいものを食べる

食材の選び方なんですが、下手に安い食材を買うのではなく、おいしいものを選びましょう。ということです。

例えばお肉。安いものはアメリカ産が多かったりして、一度冷凍されてスーパーで解凍されてから店頭に並べられます。これってつまり、安いお肉は鮮度が落ちた状態でスーパーに並べられるんですね。

でも国産のお肉を選べば、モノによりますが、アメリカ産の安いお肉よりは鮮度が保たれまま店頭に並べられます。

おいしいのはもちろん、国産です。

しかもその中でもいいお肉は塩コショウのシンプルな味付けだけでも十分美味しく食べられます。

100gあたりの値段は高めですが、おいしいものを食べると少量で十分満足なんです。

極端な話、大しておいしくないものを食べると全然満足せず、「あれも」「これも」になってしまい、結果食費がかさんでしまうということになりがちです。

ここはひとつ思い切って、国産のいいお肉をチョイスしてみましょう!

5.余計な調味料は買わない

限られたレシピにしか使わない調味料は買わないようにしましょう。

例えばバルサミコソースとか。おしゃれなカタカナのソースは要注意ですね!

もしどうしても使いたいものがあれば、そのレシピを1カ月に何回も作って、自分の得意レシピにしよう!という勢いが必要です。

また、ドレッシングは定番の家族のお気に入りが1つあればOK!何本も買い置きするのはやめましょう。自家製もアリですよ。オリーブオイル、サラダ油、ごま油を常備しておけば大体なんでも作れます。

我が家では以下の調味料を常備しています。

  • 塩・こしょう
  • しょうゆ
  • 料理酒
  • みりん
  • 三温糖
  • マヨネーズ
  • ケチャップ
  • 油(サラダ油・オリーブオイル・ごま油)
  • 味噌
  • 顆粒コンソメ
  • 小麦粉
  • 片栗粉

調味料は月1決まった日に買うようにしましょう。そして調味料は食費の中の固定費として考え、月いくらと決めちゃうのが良いです。

我が家では月2千円が調味料予算です

上記以外にも冬に多く使うカレールーやシチュールー、夏に多く使うめんつゆなど、季節変動系は予算あまりで買うようにしています。

6.買い物は1人で行こう

黒髪

他の家族がいると、予定外のものまで買ってしまいがちなので、できれば買い物は1人で行くのがベター。

旦那や子供を買い物に連れていけば、あっという間に買い物かごにおかしやアイスを入れられます。この前なんて、旦那にカート役をお願いしていて、気づいたらカップラーメンが3つも入っていました!

といって、わたしも家族を責められず、自分もスーパーに行けばついうっかりお酒を買ってしまいます。笑

家族でスーパーに行くと、それがある種のレジャーとなってしまうので、食費を引き締めたいときは1人で買い物に行くのがベストです。

みんなでスーパーに行っいるのに、買いたいものを制限されていたら家族もストレスたまっちゃいますからね。

7.食費を固定費とする

変動費だから予算の調節がしやすいのが「食費」の特徴ですが、ここは思い切って「固定費」としてしまうと、やりくりも簡単です!

つまり、決まったものを買うだけです。

数千円単位で毎日買うものがバラバラになってしまうから食費のやりくりって難しいんです。

それを、「毎週決まったものを買う」とルーティン化してしまえば、無駄遣いも減ります。

我が家では食材宅配を利用していて、その中の「定期便」を使うことによって食費の固定化と、さっきも出た「家族で買い物に行かない」という点をクリアしています。

食材宅配は週1なので、毎週必ず買うものを定期便登録しています。

牛乳、卵10p、納豆、豆腐、ベーコン、豚肉300g、サラダ用野菜、米(隔週)、鶏肉500g、食パン

あとは野菜をちょろっと買うだけなので、食費の管理もしやすく、ムダ買いが防止できます。

我が家は神奈川県に住んでいるので生協のおうちコープと、生活クラブを利用していますが、同じく生協系のパルシステムや、ネット系のオイシックスなんかも食材がおいしくておすすめです。

食材宅配を使うメリットを以下の記事でまとめています。

おうちコープは私にとって食費節約に成功するなど、メリットだらけでした!

食費節約のコツは、まずは生活習慣の改善&マインドチェンジから!

多くの節約ノウハウを見ていると、目先の金額を減らすことだけに焦点が当てられがちですが、それだとただ単にストレスが溜まる一方。

とくに食事は1日3回もあるわけでして、1日3回もあるものに「制限」をかけてしまうと、相当ストレスが溜まります。

だからまずは今回紹介したような、「食事の摂り方」「買い物の仕方」といった生活習慣の改善&マインドチェンジから変えていくことが必要です。

金額だけを意識して食費を節約できても、他の部分で浪費をしてしまったら意味がないですもんね。

おいしくて栄養のあるものを少量食べる!薄味で!

これを意識していれば、自然と食費が減るはずです。ぜひ今日からはじめてみましょう!

こちらの記事もどうぞ

おうちコープは私にとって食費節約に成功するなど、メリットだらけでした!

食材宅配は共働きにメリットたくさん!時間と食費節約ができるので今すぐはじめよう!

食材宅配おうちコープのブログも書いています('ω')ノ

神奈川県4人家族のおうちコープのある生活

自宅でスキルをつけて稼ごう!

子育てしながら稼ぎたい。
在宅ワークをはじめてみたい。
フリーランスという働き方にあこがれている。

そんなあなたに、
育児の合間で勉強できるヒューマンアカデミーの
知識ゼロから稼げる! 在宅ワーク講座がおすすめ!

「在宅ワークをはじめたいけど、どうやって勉強したらいいかわからない」
という人のために、個別添削サポート完備。
在宅特有の孤独感に不安を感じることはありません。

最短2ヵ月で知識とスキルを身につけて、自由に使えるお金をサクッと稼いでみませんか?

\無料の資料請求はこちらから/


知識ゼロから稼げる! 在宅ワーク講座 


たまにはプロの手で家事をやってもらおう!
家事代行は富裕層が使うサービスだと思っていませんか?

そんなことはありません!

1日だけ来てもらいたい。
そんなニーズに最適の家事代行サービスが【CaSy】カジーです。

スポット利用は3時間前まで予約OK!
関東圏を中心に、関西、宮城、愛知までエリアが急増しています。

\2時間の家事代行例をチェック/
家事代行サービスを東京でお探しなら1時間2,190円のCaSy

-時短家事
-, ,

Copyright© 元アパレル現ミニマリスト主婦が在宅ワークで収入を得る! , 2018 All Rights Reserved.