手書きの効果とは?

Webライター

【初心者向け】文章が思いつかなかったら「紙と鉛筆」で手書きしてみよう!

投稿日:2016年2月16日 更新日:

わたしがWebライターを始めた頃はうまく文章が作れず、ひたすらパソコンの前であれこれ打っては消したりしていました。

同じように、文章がうまく作れないな~って悩んでいる方はいませんか?

おすすめなのが、あえて手書きでノートに文章を書いてみること!

「なかなか文章が思いつかないなー」とか

「執筆している途中でワケがわからなくなっちゃった」って時は

どんどんノートに下書きをしていくことをおすすめします!

スポンサーリンク

タイピングと手書きは、実はかなり違う?!

タイピングよりも手書きのほうがスムーズに執筆ができる

タイピングに慣れていると、パソコンにメモったりするのが非常に便利です。

手書きでメモを取るよりも断然疲れませんし、きれいに整ったメモが取れます。

わたし
私クセ字なんで、後から手書きのメモを見返すとガッカリしちゃう…w

タイピングは非常に便利ですが、執筆作業の時は手書きにすると、これが意外とスムーズに作業が進むことがあるんですよ!

その理由はなぜか。

実はタイピングと手書きでは、手書きの方が脳が活性化されるからなんだそうです!

「書けば書くほど、覚えられる」という体験談

漢字練習の苦い思い出・・・

余談ですが、私、漢字検定2級を高校1年生のときに取得しました。

昔から漢字が得意だったわけではなく、中学に入ってから飛躍的に漢字が覚えられるようになったんです。

それはなぜかというと、漢字練習のおかげなんです。

当時の中学の国語の先生がすごい鬼のような先生で、夏休みなどの長期休みには、必ず毎回ノート1冊分が埋め尽くされるほどの漢字練習の宿題を出してくるんです。

普通に学校があるときでも、単語20個×10回を書かせるんですね。

もう右手の中指にペンダコができるくらい。(今もあるw)

手の外側も鉛筆の黒鉛で真っ黒になるくらい。本当、腱鞘炎になりそうなくらい漢字たくさん書いたんです(笑)

そうしたら勝手に漢字を覚えていましたね~。

この時くらいから、たくさん書いていればいやでも記憶に残るんだな、というのは身にしみて実感していました。

もう、同じことやりたくはないですけどねw

ということで、手書きのほうが執筆もスムーズ!

タイピングがなぜ手書きより劣るのかというと、パソコンはキーボード操作なので「文字を書いている」のではなく、極端な話「ボタンを打っている」という作業に過ぎないんです。

しかし手書きというのは、直接文字を書きますよね。

違いはこの2つです。

タイピングだと無意識的に文字を入力するが、手書きだと、時間がかかる分、その間に文字・文章に対しての記憶が刷り込まれやすく、文章作成がしやすいのです。

私自身も、パソコンで文章打っている時と手書きでノートに書いている時と比べてみてノートの方がスラスラ文章を作れている気がします。

会話をするかの如くタイピングが神並みに早ければ問題ないかもしれません。

ですがタイピングに慣れない段階ではタイピングにばかり気を取られてしまい、肝心の文章がぐちゃぐちゃになってしまいがちです。

わたし
タイピングが早くなった今ではこの悩みは消えつつありますが、たまに手書きで文章を書くと脳がよく働く感じがしますね~。

手書きのデメリットは…

Webライターだと文字数の制限があることが多いと思います。

慣れれば感覚的に、このまとまりで300文字、ってわかるようになるものですが、最初のうちはこれがわからないんです。

Wordであれば文字数カウント機能があるのですが、ノートだとそれがありません。

あくまでも全部の文章を手書きで完成させず、おおまかな枠組みや構成だけを手書きにしていくのが一番効率がいいんじゃないかなと思います。

 

さいごに

Webライターだからといって、全てをパソコンで作業しようと思わなくて大丈夫!

一度初心に帰って手書きの作業をしてみると、思いのほかスラスラ文章が書けてびっくりすることもあります。

文章がうまく書けなくて困っている方。

調査した内容を自分の言葉にまとめるのに苦労している方。

是非、手書きをお試しあれ♪


会計知識がなくても使いやすい!開業している主婦ならfreee
【アフィリエイト開業】毎月の記帳方法を解説!※freeeの解説もアリ

-Webライター
-, , ,

Copyright© 元アパレル現ミニマリスト主婦が在宅ワークで収入を得る! , 2018 All Rights Reserved.