住環境はこだわろう

家計管理術 子育て

子育て世帯なら多少無理してでも、家賃は下げない方がいいと思う理由4つ

投稿日:2016年2月25日 更新日:

そろそろ今住んでいる賃貸の更新月です。

うちの家賃は、共益費・駐車場混みで約11万円と決して安くはありません。

2LDKなのですが、実際のところ我が家の近辺の2LDKの相場は140,000円くらい。

それに比べればそこそこ安い方なのですが、選ばなければもう少し安くすることも可能です。

しかし、私たちが引っ越さない理由があります。

スポンサーリンク

家賃が安い場所のデメリットは?

1.交通の便が悪い

家賃が安いところというのは交通の便が悪いです。

私の住むところでは割と電車もバスも徒歩圏内にあるのですが、家賃が安い場所は公共交通機関もかなり限られます。

車がないと、子育て世帯にはかなり辛いとも聞きます。

実は我が家も電車・バスがあるとは言え、スーパーやお店系は少し遠いのです。

なのでこれ以上家賃を下げるということになれば、めちゃめちゃ不便になり、交通手段などでお金がかかってしまいます。

食料品を買いに行くのに交通費がかかるのでママ割を利用して食材宅配を使っています。

関連おうちコープ『ママ割』が子育てママにも評判♡妊娠中〜3歳未満は宅配サービス料0円!

2.プロパンガスである

今は都市ガスで、もうずっと都市ガスなので実はプロパンガスのことは良くわからないのですが、都市ガスの倍の値段はするといいますよね。

家賃の安いところはだいだいプロパンガスのイメージです。

引っ越してもあまり節約にならなそう・・・・。

夏のガス代は安いです(^^♪

参考7月のガス代は1,950円!ガスを使わない質素な料理のおかげ?

3.子育てに不安な環境

夜道が暗かったり、ガラが悪かったり、道が汚いなどの品のない地域で子育てするのはとっても不安です。

小中学校の学力や、荒れていないかなどなど・・・・子供にとって悪い影響がありそうなところは家賃が安かったりします。

子供にとって、なるべくいい環境を選んであげるのも親の役目だと思うので、そうすると必然的に家賃は高くなります。

「貧困層が環境のいい場所に引っ越したらどうなったか?」答えはこちら↓

関連子育てするなら貧困地域よりも高級住宅地?賃貸よりも一軒家?

4.住宅設備が良くなかったりする

子供がいるので、防犯的に優れていたり、壁の厚さは重要です。

家賃が安いと、安いなりの住宅設備です。

壁が薄かったり、洗濯機置き場が外にあったり、洗濯物を干すスペースがなかったり。

逆にお金がかかることも出てくるかもしれません。

ちなみに我が家は複層ガラス、TVモニター付きインターホンがついているので、防犯には優れています。

室内はどの部屋にもクローゼットがついているので収納家具もほとんどありません。

家の中に物干し竿を掛けるスペースがあるので、部屋干しも簡単にできます。子どもがいると洗濯物が増えるので、少しでも多く干せるほうが便利ですよ。

1人ならどこでもいいけど、子供がいるからこそ場所にはこだわりたい

旦那と2人なら別にどこだって構わないんですよ。

でも子供がいるなら、子供にとって最適な住環境を選んであげたいです。

私の実家周辺は物騒だし学区の中学の学力もほぼ下の方だったので、それが嫌で受験しました(笑)

ただ、家族にとっていい場所・住みやすい場所というのはその時々のライフスタイルよっても変わってくると思うので、子供たちが成人するまでは基本的には賃貸で気軽に移動できる生活をしていきたいと思います。

こちらもどうぞ↓↓

関連【一軒家vs賃貸】もう“城”を持つ時代ではなくなってきている。家族の状況に合わせて賢い判断を。

子育てするなら貧困地域よりも高級住宅地?賃貸よりも一軒家?

4人家族で賃貸テラスハウスに5年住んでわかった子育てのメリット・デメリット


会計知識がなくても使いやすい!開業している主婦ならfreee
【アフィリエイト開業】毎月の記帳方法を解説!※freeeの解説もアリ

-家計管理術, 子育て
-, , ,

Copyright© 元アパレル現ミニマリスト主婦が在宅ワークで収入を得る! , 2018 All Rights Reserved.