Webライター

ライティング基礎の基礎★ブログにも副業ライターにも使える基本の書き方

投稿日:2016年5月24日 更新日:

校正・編集のお仕事をやらせていただくようになって、他のライターさんの書いた文章を拝見する機会も多くなりました。

その流れで、SEO対策のためのWebライティング実践講座 [ 鈴木良治 ]を読んでいて、ライティングの方法など、いろいろ吸収できたので、今回はこちらでまとめていきたいと思います!

Webライティングについて基本を学ぼう!

まずは、基本的なことから。

文章を書く上で一番大事なが「読みやすい文章」です。

読みやすさを補うテクニックは、「ですます調・だ、である調の統一」「表記がブレないようにすること」「体言止めの利用」

です。

Webライティングの基礎

ひとつずつ、詳しくみていきましょう。

ですます調、だ・である調の統一

語尾の統一です。

最初は「○○です」って言っていたのに、いきなり途中から「××だ」と言い始めたら、ちょっとびっくりしませんか?

それぞれのイメージ的には

  • ですます調は、優しく丁寧な感じ。
  • だ・である調は、権力がリーダーシップがある

という感じです。

Webライターで仕事をする際は、クライアント側からどっちの語尾で統一してほしいか指示があることも。(私が経験した中ではほとんどが「ですます調」でした)

ブログの場合は、好きに「ですます調」と「だ・である調」を使い分けるのがいいかもしれません。

ただブログも統一感がある方がいいと思いますし、どちらにするかでイメージもガラッと変わるので、自分のブログはどちらが適しているかも、しっかり見極めてみるのが良さそうです。

表記がブレないようにする

表記ブレというのは、同じ記事内で表記がバラバラになることです。

よくありがちなのが、 「子供⇔子ども」という風に、同じ記事内で2種類の表記があるということです。

なぜ表記ブレがよくないのかという理由が、信頼感がなくなってしまうからです。きちんとしたWebメディアに出す場合の表記ブレは、かっこ悪いです。

ブログ記事を書く場合でも一度「こっち!」と決めたら、その記事内ではずっと同じ表記を貫き通しましょう。

体言止めの利用

体言止めを使うと文章にリズム感が出るので、ぜひ使ってほしいワザです。

体言止めとは、名詞で終わる文章のことを指します。

さっきの「ですます調」「だ・である調」も語尾のことだったのですが、この体言止めも語尾のことですね。

名詞を語尾に持ってくることによって、文章の流れに強弱がつきます。

体言止めは多用してしまうと、軍隊みたいな文章になってしまって、それはそれでかたっくるしくなってしまうので、基本は「ですます調」もしくは「だ・である調」、合間合間に「体言止め」を使いましょう。

こうすることによって、段落がリズミカルになってとっても読みやすくなります!

文字を装飾しよう!

文字を装飾しよう!

書いた文章の読みやすさを補うためには、文字装飾が役立ちます。

主な文字装飾は「太文字」「色文字」「マーカー」の3つです。

強調表現を使う場合は、これもあまり多用しないようにしましょう。

  • 本当に大事な部分、伝えたい部分を太字
  • 注意を促す文章は赤文字
  • 解説文は青文字

という風に決まりを作っておくと、スムーズに装飾がしやすいと思います。

私がWebライターとして寄稿しているメディアでは、段落ごとにいくつまでという装飾の制限があります。

つまり多用しすぎてもくどくなってしまうんですよね。

タイトル・見出しを考えよう!

タイトル・見出しを考えよう

1つの記事の中で一番読まれるのが、一番最初に目にするタイトルと、その次に目にする見出しです。

忙しい人がWebの記事を読むときに、あまり自分に関連なさそうに思ってしまうとさささ~っとスクロールして流してしまいます。

しかし、タイトルや見出しが興味を引くようなキャッチフレーズで書かれていると、「お?」と手を止めて読んでみたくなるもの。

なので実は文章を考えるよりも、タイトル・見出しの方が重要だったりするわけです。(もちろん見出しで手を止めて読んでくれて内容がガッカリだとダメなので記事内容も読みやすく信頼のあるものいすべきなのですが★)

タイトルの作り方は、下記の記事で詳しくまとめていますので、そちらをご参考に★
(※記事内ではタイトルになっていますが、見出しの作り方も参考になるかも!)

【執筆ノウハウ】読まれるブログの書き方&Webライティングのコツを伝授!

読まれる文章というのは、1にも2にも、ちょっとしたコツがあります。 このコツを知っているかどうかで、記事も読まれやすくなりますし、書いていて自分自身もラクになってきます。 最初は文章なんて全然ダメダメ ...

続きを見る

 

執筆が終わったら一度全部読もう!

一通り執筆が終わったら、一度全部読みましょう。

この時、できれば

  • プレビューでチェック
  • スマホでチェック

両方できると尚良いです。

例えばWordPressの場合、ビジュアルエディタでは、ある程度デザインが投稿画面に反映されていますが、指定されたデザインをちゃんと見るにはプレビューでないと見れません。

さらに、多くのWebサイトではスマホからの閲覧者がかなり多いです。

わたし
このブログも、8割がスマホからの閲覧者となっています

なのでPCで執筆していてもスマホでの表示がどうなっているかはチェックしておきましょう。

思いのほか行間が詰まっているな~、とか、ここらへんに画像入れると良さそうだな~とか、結構気づくことありますよ。

 

一番大事なのは、書き手の個性!

image
これらを踏まえた上で、書き手の個性が出る文章は最強だと思います!

書き手の個性・・・Webの文章で個性を出すのって実は一番難しいんじゃないかなと思うんです。

私も全然個性が出せなくて、ずっと悩んでいます・・・。

思いのままをタイピングにするのって本当に難しい!

手書きだと、その人の筆圧だとか、文字の感じで、伝わることって多いと思うのです。

以前アパレルで面接やっていたこともあったのですが、やっぱ手書きの履歴書ってその人が出るものってないわけで。

今Web履歴書なんてありますけど、絶対手書きで書いてもらったほうがいいと思うんだよな~。

まあ話それましたが、とにかく書き手の個性が出しにくいんです、Webの表現って。

その書き手の個性をうまく出しているのがプロブロガーさんたちですよね。もうあれは才能ですよね。

まとめ

副業ライターやブログを書いている方に、ちょっとだけ役に立つライティングノウハウでした。

個性が出しにくいとはいいましたが、みんながみんな上記のようなルール通りに書いていたらおもしろくないですよね?

個性が生きてこそ、Webの文章です。

あまり固くならず、いいものは参考にしていただけたなと思います♪♪

関連記事読まれるブログの書き方&Webライティングのコツを伝授!


会計知識がなくても使いやすい!開業している主婦ならfreee
【アフィリエイト開業】毎月の記帳方法を解説!※freeeの解説もアリ

人気記事

Pick Up

年収500万円5人家族の家計簿は? 1

クロコです! こんにちは!我が家は年収500万円世帯です!(唐突w) 子供3人目となると、なにかと話題に上がるのが年収や家計の話。 「最低でも年収700万円は欲しいよね…」 「年収400万円は無謀だよ ...

子育て中のお小遣い稼ぎ 2

お金の不安っていつまでたっても尽きないものですよね。 外で働くのは厳しいけど、簡単に内職できればいいな!って思ったこと、主婦なら誰でもあるのではないのでしょうか? もしくは、スマホで出来る副業って聞い ...

3

クロコです! なんとこのブログもついに3年目に突入しました! 2016年1月にはじめて丸2年経過… 元来、飽き性の私がこんなに続けているのはミラクルです。笑 自分のセンスだけでやっているので、ブログや ...

4

昨日書いた記事で、ついにこのブログの執筆本数が300本になりました! 2016年1月末頃にブログを開設して、運営期間はちょうど1年半。 ということで、今回はざっと1年半を振り返ってみて、1か月ごとの執 ...

-Webライター
-

Copyright© 元アパレル現ミニマリスト主婦が在宅ワークで収入を得るブログ♪ , 2018 All Rights Reserved.