環境を変えれば自分も変わる。お金も貯まる

貯金・マネー

あなたの貯金が増えないのは人間関係のせいかもしれない?環境を変えれば即倹約家体質に♪

投稿日:2016年9月11日 更新日:

10代~20代前半の私は本当に浪費家でした。

親に「あなた貯金しなさいよ~」と言われても貯金の必要性を感じたことはありませんでした。

「将来お金持ちの人と結婚すれば大丈夫でしょ~♡」と超楽観的で…!

実家暮らしだったこともあり、高校を卒業してすぐアパレル店員として働くようになって、月15万円のお給料はフルで使いまくっていました。

18歳の頃の私にとって15万円は大金。

その大金を大好きな洋服や靴や小物、毎週末のクラブ通いでお金をじゃぶじゃぶ使っていました。

それでもお金って足りませんでした。

クレジットカードの支払いが出来なくて何度も困った過去もあります。

なんと、昔お付き合いしていた人の影響でスロットをしていた時期もありました(笑)

今思えばバカだな~と思います。なんであんなにお金を使ったんだろうと。

でも、そんな無茶しまくっていた過去があったから、今こうして子供を産んでめちゃめちゃ落ち着いているのだと思います。

そして思ったこと。

付き合う人を変えるだけで、お金がたまりやすくなるということ。

私もそうですが、旦那もそうなんです。

そこで、今回は環境を変えるヒントをご紹介します!

スポンサーリンク

お誘いの多い人との付き合いを控える

旦那の話なんですが、ちょっと前まで友達も同じ職場でした。

この友達というのがちょっとクセモノで、しょっちゅう仕事帰りに旦那を誘ってたんです。

旦那はお酒が飲めないのですが、それでも飲みに誘って来たり、ギャンブルに誘って来たり…!

で、断れない性格の旦那はそれについていっちゃうんです(泣)

そこで、本来使わなくてもいいお金を使ってしまうんです。

ギャンブルや飲み会。飲みに行ったってロクでもないことばっか話しているんですよ~。スマホのゲームのこととか、スロットのアツい演出がどうのこうの…。

くだらない会話も時には必要ですが、あまりに多すぎるのもどうでしょう?

結局こういう話ってなーんも自分のためにはなりません。

ただ時間とお金がなくなっていくだけです。

毎月次のお給料日までお小遣い残っていたということはなかったです…。

でも去年、その友達が仕事を辞めてから、お誘いもなくなり、旦那のお小遣いは残るようになりました。

ギャンブルも飲み会も、誘われなければ行きません。つまり、余計なお金は使いません。

このように頻繁に遊びに誘ってくるような人が周りにいたら要注意すべきです。

その時間とお金は無駄にならないかどうか?という基準で、お誘いに乗るかどうか、考えてみましょう

ちなみにこの友達は当時独身だったんで、子持ちのことをちょっとは考えろよ~!とイライラしていた時もありました。

その友達も、今では結婚して子供が産まれているのですが、生後わずかだというのに飲み歩いているらしく、たまに誘われています。

(↑なんと最近は離婚したそうです)

結局こういう人と付き合っても得ってないんですよね~。旦那も私達家族も。

SNSを控える

最近はSNSを辞める人も多いみたいですね!(とくに若者)

SNSも浪費の原因だと考えています。

私がFacebookをやっていた時は、浪費のオンパレードでした。

毎回キラキラした投稿をしている友達を見て、どういうわけだか自分も同じような投稿をしたくて無理やり予定を作っておでかけして写真をUPしたり(笑)

人の私生活が見れるのも楽しかったです(笑)

でも中には複雑な投稿もあるんですよね~。

私が欲しかったブランドもののカバンがあったのですが、それを友達が買ったらしくて、しれっと「旦那から誕生日プレゼント~♡」みたいなコメント付きで投稿していたんですよね。

「わ!いいな~♡」とも思うんですが、「旦那から」ってだけでちょっとイラッとしません?笑

なんというか、「私の旦那はそんなの買ってくれないよ!」みたいなね。すごく最低な考えですがw

似たような出来事に、心あたりある人もいるのではないでしょうか?

ゆとりがない

特に自分にゆとりのない状態でそういう話を聞くと、ブワワワァァァ~~~って嫌な感情が生まれてしまうんです…(泣)

当時の私も初めての育児に息がつまったり、家計もカツカツの状態でゆとりがなかったので、人と比べて自分の方が劣っていると、なんだかイヤ~な気持ちになっていたんです。

つまり妬み・僻みですよね。

本当この感情って無駄です。

その時のわたしは「いいな~♡………でも悔しい…チッ。私の旦那はそんなもの買ってくれないよ…!」で終わったからまだいいのですが、危険なのはそういう投稿をみて自分も無理して同じものを買ってしまう人。

旦那にそんな財力はないのに、そういう高価なプレゼントをねだってしまう人。

何が何でも買いたくて、結局借金をしてまで買ってしまう人だっていますよね?

そもそも、“そういう投稿を見なければブランドもののカバンを買うという発想がなかった”のであれば、そう思う発端となったSNSなんて即効やめるべきです

なんかの本にも書いてありましたが、僻み・妬みは浪費の元です。

SNSにはその誘惑がうじゃうじゃあります。

基本的にSNSはやらない方がいいですよ。私も今はやっていません。興味なし♡

思い切って仕事を辞める

一番怖いなと思うのがコレ。職場環境です。

さっきの旦那の話もそうですが、あれは友達が仕事を辞めたので良かったんです。

これが、同じ職場で飲み会が大好きでしょっちゅう人を集めて愚痴大会を開いている上司みたいなのがいて、誘いがなかなか断りづらいのであれば、いっそのこと仕事を辞めるというのもありです。

今は終身雇用の時代も崩壊してきています。転職してなんぼです。

一つの会社にしがみついている必要はありません。

当たり前が“自分軸”になってしまうのが、職場環境の怖いところです。

ある意味洗脳だと思っています。

なのでもし「あれ?働いているのに貯金が貯まらないな~」と考えている人がいれば、それはもしかすると職場を変えれば改善するかもしれませんよ。

ちなみに私の知り合いに銀行員が3名いるのですが、彼女たちはお金の使い方が本当に上手です。

  • 銀行員って倹約家
  • お金の使い方に対する知識がしっかり身についている
  • 無駄な飲み会には絶対に行かない

というイメージがついているほどです。

それっておそらく、銀行というお金を扱う場所で働いているからおのずとそういう知識が身についているんだと思います。

逆に私はアパレル勤務でしたが、冒頭でも話したように、浪費家が多かったです。

しょっちゅう飲み会、おしゃれには気を遣うから大量の洋服や靴を買ったり、ネイルに1万、美容院に3万、化粧品・スキンケアに2万なんて当たり前でした。

自分の意志の弱さも関係してくる部分もあると思いますが、基本的に人間はヒトに流されやすい生き物です。

浪費の環境があるのならば、それを脱出しない限りはお金がたまりません。

根本的なお金の使い方を変えたかったら環境を変えよう!

極端な話、私は仕事をしなくなって家にいるようになってからお金がたまるようになりました。

また、子供がいると本当にお金がかかるので、教育費や老後資金なども、子供がいたからこそ真剣に考えられるようにもなりました。

つまり私が貯金体質になるようになったのには2つの環境の変化があったからです。

  • 仕事をやめたから
  • 子供が出来たから

環境の変化の力ってすごいなと改めて感じます。

もし貯金が出来ない!と悩んでいるのであれば、職場や住むところ、人間関係の整理など、ぜひ出来るところから変えてみてくださいね。

思い切って住む場所を変えるのも、1つの手です。

子育てするなら貧困地域よりも高級住宅地?賃貸よりも一軒家?

貯金をあと50万円増やしたければ専業主婦は今すぐ脱SNSするべき!

お金については関連書籍でマインドを高めるのもアリ♡

【書評】一流のお金の生み出し方

【書評】なぜ賢いお金持ちに「デブ」はいないのか?を読んでみて。

【書評】「夫をお金持ちにする64の習慣」で妻意識を高める♡こんないい奥様になりたい!


会計知識がなくても使いやすい!開業している主婦ならfreee
【アフィリエイト開業】毎月の記帳方法を解説!※freeeの解説もアリ

人気記事

Pick Up

年収500万円5人家族の家計簿は? 1

クロコです! こんにちは!我が家は年収500万円世帯です!(唐突w) 子供3人目となると、なにかと話題に上がるのが年収や家計の話。 「最低でも年収700万円は欲しいよね…」 「年収400万円は無謀だよ ...

子育て中のお小遣い稼ぎ 2

お金の不安っていつまでたっても尽きないものですよね。 外で働くのは厳しいけど、簡単に内職できればいいな!って思ったこと、主婦なら誰でもあるのではないのでしょうか? もしくは、スマホで出来る副業って聞い ...

3

クロコです! なんとこのブログもついに3年目に突入しました! 2016年1月にはじめて丸2年経過… 元来、飽き性の私がこんなに続けているのはミラクルです。笑 自分のセンスだけでやっているので、ブログや ...

4

昨日書いた記事で、ついにこのブログの執筆本数が300本になりました! 2016年1月末頃にブログを開設して、運営期間はちょうど1年半。 ということで、今回はざっと1年半を振り返ってみて、1か月ごとの執 ...

-貯金・マネー
-, , , ,

Copyright© 元アパレル現ミニマリスト主婦が在宅ワークで収入を得るブログ♪ , 2018 All Rights Reserved.