ママのお仕事

残業や休日出勤は働く側はお給料が増えるけど、経営者からすると利益はマイナス

投稿日:2017年5月22日 更新日:


旦那の話です。
彼はいちおう会社員。
忙しい時は残業があったり、たまに土日も出勤したりします。

周囲の人たちは40代〜60代。
なので、旦那と同年代の人はほぼゼロ(旦那はまだ一応20代)。

それでどうもこの40代〜60代の人たちは、
残業や休日出勤ができる状況であればいとも問わず仕事をする人たちなのです。

一方の旦那は、
なんとしてでも定時に帰りたいからなるべく仕事は残さない。休日出勤も極力避ける
といった考えです。

定時内で頑張って、それでも仕事が終わらなかったら残業や休日出勤になってしまうのは仕方ないとしても、

定時内でタラタラやって時間超過で仕事をしているのはなんともムダな行為だな…と思うのです。

それが、旦那の周りの40代〜60代らしいです。

でもそれって、会社側としても損ですよね。

本来定時で終わるものを、同じ仕事量でムダな賃金が発生してしまうんですもん。

同じ仕事をしたとして、

  • 残業や休日出勤をする人→時間をかけて仕事できる、賃金は多くもらえる
  • 定時で帰る人→時間はそのままなので労力は多い、賃金はそのまま

こうみると、確かに残業や休日出勤のほうが賢い選択のような気もします。

ただ、時間の使い方としてはあまり褒められたものではありません。

スポンサーリンク

会社は私たちを守ってくれない

私たち20代〜30代は、会社に対してもっとネガティブに考えてもいい世代だと思っています。

いつどこで会社の経営が傾くかわかりません。

容赦なくボーナスが出なくなったり、賃金カットされたり、果てはリストラなんてことも…。

そうなった場合、残業や休日出勤してまで自分の時間を会社に売っていたのに、なんとも救われない気持ちになってしまいますよね( ; ; )

もし、残業や休日出勤をしなくてもいいのであれば断ることも大事です!

周りに合わせて遅くまで残る必要はまったくないです。

今、会社員と並行して副業を始めて独立・起業する人がたーーーーーくさんいます!!

独立・起業したら時間も自分で自由に作ることができます。

強制的に飲み会に行くとか、謎の付き合いとかもする必要がなくなります。

残業や休日出勤をして会社に時間を売っていると、副業するための時間だったり、家族や友達と過ごす大切な時間だったり、趣味の時間とかもなくなったりします。

有能な人こそ、どんどん自分に合う環境を手に入れるために、転職したり独立起業したりする時代。

同じ会社に居続けるよりも、少しの可能性を見つけて行動して行くほうが、納得の行く人生を送れます。

会社に媚び売る必要はなし!嫌われてもOK!

会社が一生守ってくれるわけでもないのに自分の時間を捧げるのはやめましょう。

最後に信じられるのは自分だけ。

残業や休日出勤をして、会社に時間を使いすぎても何もいいことはないので、どんどん断って有意義に過ごすようにしましょう!

定時で帰宅して、自由時間は副業に充てるのが賢い選択です(^^♪

子育てしながら自宅でスマホ副業で安全に稼ぐ方法9つ!【2018年更新】

 


会計知識がなくても使いやすい!開業している主婦ならfreee
【アフィリエイト開業】毎月の記帳方法を解説!※freeeの解説もアリ

-ママのお仕事
-, ,

Copyright© 元アパレル現ミニマリスト主婦が在宅ワークで収入を得る! , 2018 All Rights Reserved.