時短家事

プチプラ服も長持ちさせるお手入れ術を、元アパレル店員がこっそり解説しちゃいます!

投稿日:2018年1月25日 更新日:

starPCのみ投稿記事上

服をなるべく買わないようにするのであれば、今持っている服を長く着れるように大切に扱うことが大事。

そこで見直したいのが、普段の服のお手入れ!

服を買って、着て、洗濯機に放り込んで…のサイクルで服を扱っていると、実はダメになるのが早くなるんです。

今回は、日頃の服のお手入れ方法や、お手入れに必要な道具などをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ服のお手入れが必要なのか?


服を買って、着倒しておしまい!!

って人、結構多いんじゃないですか??(^^)

お気に入りの服を長く着られるためにお手入れをするのはもちろんですが、

あまり持ちのよくない生地を使った服(とくにプチプラね!)でも、お手入れにひと手間かけてあげることによって、ワンシーズンのみならず、来年も着られるようになるのです。

また、頻繁に服を買い替えなくていいので、節約にも貢献してくれます。

普段の見直しポイント

ではお手入れにはどのようなものがあるのかざっくり見ていきましょう!

見直しポイントは以下の点です

  • 持っておきたいお手入れ道具
  • 洗濯(正しい洗い方、干し方)
  • 保管(畳み方)
  • 着用前、後の簡単なお手入れ

持っておきたいお手入れ道具はここでも流れで紹介しますが、詳しいことは別の記事で書きましたので、そちらを見てもらえると具体的なことがわかるかと思います。

ではまずは洗濯!

服を長持ちさせるお手入れ手順♪

(1)ー1.洗い方


「洗濯」と一口に言っても、その方法はさまざま。

主婦であれば、洗濯機のボタンにいろいろ書いてあるので、一通りはわかるかと思います。

が、基本的には洗濯機でじゃぶじゃぶ洗うのは洗いすぎの傾向にあるそうです…!

使っている洗濯機のメーカーによって洗浄力などが変わってくるので一概には言えないのですが、通常コースでじゃぶじゃぶ洗うと、生地が傷みやすくなるかも…。

とくに下着やニットやセーターなどのおしゃれ着は手洗いがベストです。

洗濯タグを見ても、カットソーでも手洗いマークがついていることが多いかと思います。

なぜ手洗いがいいかというと、手洗いのほうが型崩れが起きにくいからです。

洗濯を繰り返すうちにカットソーやTシャツの首元、サイドがずれちゃって、畳んだ時に不格好…なんて経験、あるかと思います。

この原因の一つに、洗濯機による洗いすぎが挙げられます。

とくにドラム洗濯機はたたきつけながら洗うので、すぐ生地がヨレる印象です。(なにしろ我が家はドラム洗濯機。笑)

なので、大切な衣類ほど、手洗いをするようにしましょう!

それだけで長持ちします。

ちなみに手洗いに必要なものは、たったの3つ。

  • 洗濯オケ
  • 中性洗剤

これだけです。

洗濯オケは絶対各家庭に一つは準備しておきましょう。

2つあってもいいくらいです。つけ置き用と、おしゃれ着洗い用、みたいな感じで。

スタッキングできれば場所をとることもないので便利ですね。

中性洗剤もは、洗濯の際のダメージを最小限にする効果や、縮み防止といって効果があるので、必ず用意しましょう。

また、下着ではないので、着たら毎回洗うのではなく、3~4回着用後に洗うくらいがちょうどいいかと思います。(ここは個人の見極めで!)

その際、1回着た後は必ず服をハンガーにかけて、風通しのいい場所で休ませましょう。

湿気は大敵です|д゚)

(1)ー2.干し方


次に干し方です。

干すときも、型崩れしないように、服の大きさにあったハンガーを使いましょう。

自分の服はS~Mだけど、旦那さんの服のサイズが2L以上という場合には、異なるサイズのハンガーをおすすめします(^^)
※服によって違ってきますが、肩の切り替えしを目安に判断すると良いです。

ニットやフード付きのパーカーや重たい飾りのあるものに関しては、ハンガーに吊り下げてしまうと、重さで伸びてしまいます。

そんなときには平干しを利用しましょう。

物干しざおと物干しざおに大きめのネットをくくりつけてそこに衣類を置いて平干しするのも良いですし、平干し用のネットも、ホームセンターなどで売っています。

また、平干しネットは枕やぬいぐるみの洗濯にも使えますので、持っていない人は今すぐ手に入れて!

 

(2)畳むのに適した服、ハンガー保管に適した服


保管も見直しましょう!

洗濯が終わった後に、ハンガーに下げたままクローゼットに収納したり…

逆に全部おたたみをする人など、それぞれだと思いますが、服を長持ちさせるという点では、やはりその服に合った収納を心掛けたいところです。

基本的には

  • ニットやカットソー:畳む。
  • シャツや上着(ジャケットやコートなどアウター類):ハンガーにかける。
  • ボトムスは、畳んだらしわになりそうなもの:ハンガーに折ってかける。
  • プリーツ系、シフォン系のスカート:はさめるハンガーを使う。

理想としては、服を買ったら、それに合わせた保管のハンガーを買い足すという流れです。

また畳み方についてですが、3つ折りはやめたほうがいいです!

服のためなら2つ折り推奨です!

というのも、私もつい最近まで家での収納は何年も3つ折りをやっていたのですが、

3つ折りで収納すると、収納スペースが多く取れるのですが、何せ服がしわしわになるし、保管したときに美しくない!

服を大事にするなら、絶対2つ折りのほうがいいです。

3つ折りしていると、大体みんな立てて収納すると思います。

そうすると、引き出しの中をめいっぱい入れなければならず、結局服の量が増えるばかり…という事態に陥ります。

「あ、まだ収納できるじゃん♪」と言う考えはよくないですよ。

少ない量でワードロープを完成させるために必要なのが、少しの手間で出来る服のお手入れです。

2つ折りのほうが収納の見た目もきれいですし、余計なシワもできません。服にとっても優しい環境になって、プチプラでも長持ちしてくれます。

現在3つ折りで収納している人は、ぜひ2つ折りで収納しましょう。

ハンガーも、さっき洗濯ものの干し方のところで触れましたが、サイズに合ったハンガーを用意しましょう。

わたし
【教訓】服を買ったら、それに合わせたハンガーを用意しよう!

輸入物のおしゃれなハンガーはGULLIVER Online Shoppingがたくさん揃っています♪

(3)服を着る前、帰宅後にもひと手間をかけよう!


洗濯と保管、そして最後にもうひと手間かけてあげましょう!

外を歩けば、砂ぼこりや花粉など、いろんなゴミが服についてしまいます。

そして長時間着用していた服は、汗や皮脂から目に見えない汚れまで、意外とたくさんついています。

なので、まず帰宅後にすることは、衣類のブラッシングです。

玄関先で軽くブラッシングをしておくだけで、大まかなホコリを取り除くことができます。

ホコリはそのままにしておくと、どんどん衣類の隙間に入り込んで、なんとなく服がホコリ臭くなっちゃいます。

さらに、そのまま洗濯機に入れてしまうと、洗濯機の奥で汚れがたまりやすくなって、正常に運転しなくなることだってあるんです。

(これは旦那の作業着で経験済み。笑)

毎回は大変かもしれないので、出来るときはなるべくブラッシングしましょう。

ニットの場合は、毛玉防止にもなりますよ(^^)/

こんな感じの天然毛(馬毛や豚毛)のブラシを選びましょう!
私はニトリで700円くらいの豚毛のものを持っています。もっといいやつは3000円くらいします。

そして、最後に着る前のお手入れです。

服を着る前には、きちんと点検して、虫食いがないか、ほころびていないか、ボタンが取れていないか、毛玉ができていないかを確認しましょう。

毛玉は、出来てしまっていたらハサミで取り除きます。

電動の毛玉落としは楽なのですが、傷んでない部分の生地も傷めてしまう恐れがあるので、私はハサミをおすすめします。

今年の冬はエコファーのアウターが流行りましたね。

ファーも、ホコリがつきやすく、また抜けやすいので、着る前にも軽くブラッシングして毛並みを整えてあげると、見た目もきれいになって、気分も良くなりますよ。

まとめ


では最後に、服のお手入れのまとめです。

  1. 洗濯は洗いすぎがヨレの原因になるので、面倒でも手洗いをすると良い
  2. 洗濯後に干す際は、服に合わせてハンガーか平干しで!
  3. 収納するときも、服によってハンガーか畳みか変えよう。畳は2つ折り推奨!ハンガーは服のサイズに合わせたものを選んで!(服を買うときにハンガーも用意!)
  4. 服を着た後はブラッシングでホコリ取り。毛玉はハサミでカット!

いきなり最初手洗いが出てきちゃって、面倒に感じるかと思いますが、そのひと手間が服を長持ちさせる最大のコツです(^^)/

そして、この手間も、そもそも服の所持数が少なければ大して手間もかからないハズです。

服を丁寧にお手入れすることによって、買ってすぐダメになりやすいプチプラの服も長持ちするようになったり…

お気に入りの服を長く長く着られるようになったり…

なんともまあ、言いことづくめ!!

そして、長持ちするから服代だって抑えられるようになります('ω')こんないいことないですよね♪

ぜひ、やれるところから、服のお手入れをはじめてみてくださいね!


会計知識がなくても使いやすい!開業している主婦ならfreee
【アフィリエイト開業】毎月の記帳方法を解説!※freeeの解説もアリ

-時短家事
-

Copyright© 元アパレル現ミニマリスト主婦が在宅ワークで収入を得る! , 2018 All Rights Reserved.