パソコン

ブログ運営やアフィリエイト

適正チェック!Webライターとアフィリエイトあなたに合うのはどっち?

投稿日:

Webライターもアフィリエイトも副業に向いています。

とくに小さい子供を育てている主婦にはもってこいです。

わたし
なにしろ私も、その2つで稼いでいるのだから(現在進行形)

ではWebライターとアフィリエイト、どっちがいいの?って疑問もあると思います。

そこで、実際にわたしがやってきた経験を元に、Webライターとアフィリエイトどっちがどう違うのか、まとめました。

適性を知りたい人はチェックしてみてください(^o^)

スポンサーリンク

Webライターはこんな感じ

  • 初心者はまずクラウドソーシングで案件を探す
  • 文章が書けること(600〜2000文字)
  • 簡単なアンケート案件もある
  • Wordが出来ると可
  • クライアントとのやりとりが必要
  • 単発、継続どちらもあり
  • 継続案件をゲットできれば安定収入!!
  • 手数料がかかる
  • 締切にピリピリする時もある

クラウドソーシングの代表として「ランサーズ」と「クラウドワークス」があります。

どっちも似ているので、両方登録してもいいかもしれません。

最低限、必要なスキルは文章が書けることと、コミュニケーションスキルです。

クライアントとのやりとりをメッセージやチャットでやりとりする必要があるので、筆不精じゃない人の方が向いています。

Word納品の案件は減ってきていて、WordPress入稿が目立つようになりましたが、わからなくてもマニュアル完備されているところが多いので、安心です。

文章に自信がないという人は、150字程度の案件を中心にやってみるといいですよ!

何回もこなしていくと、勝手に文章の書き方のコツを掴むことができます。私もそうでした。

デメリットな部分では手数料

いわゆる仲介なので、20%と結構な額の手数料がひかれます。

1000円の案件をやって、800円の手取り。10000円の案件だと8000円の手取りってことになります。

アフィリエイトはこんな感じ

  • 完全に自分のペースでできる
  • 誰かとやりとりする必要がない
  • うまくハマれば月数十万円、数百万円と稼げるので夢がある
  • 得意ジャンルで勝負できる
  • Web知識が必要
  • 初期費用がかかる
  • 最初はまったく稼げない
  • 入金まで数ヶ月かかる

アフィリエイトは最初の数ヶ月間はほぼ収益ゼロです。

というのも、

  • サイトを立ち上げても誰にも見られない
  • 運良く売上発生しても入金はかなり先

というデメリットな部分が多いからです。

アフィリエイトの仕組みは、

収益発生

収益確定(ここまでで1〜2ヶ月)

確定分を月末に締める

1〜2ヶ月後に入金

となっています。

1番早いペースで、

当月に収益発生→その月末に確定&締め→翌月末に入金

ですが、このペースはASPではなくて、取扱案件によって差があります。

このように最初はまったく稼げませんが、この時期にやれるだけのことをやって、収益の種を蒔いておけば、数ヶ月後には芽が出て、さらに数ヶ月後には花が開いて、月収10万円も夢じゃない!ってことになるんです(^o^)

あとはレンタルサーバーを借りたり、ドメインを作ったりの初期費用が必要です。

私は3000円程度で出来ました。

WordPressやHTMLやCSSなどの知識も、初歩的なことは頭に入れておいたほうが損はないです。

1番は自分中心に進められるというとこですかね。

子供が具合悪くなったら、作業の手を止めても誰にも文句言われないのが、私の中で最大のメリット!

会社の人にヘコヘコする必要もありません(^^)

Webライターとアフィリエイトの決定的な違い

わたしの中で思う、Webライターとアフィリエイトの一番の違いというのが3つあります。

①Webライター→完全なる作品、アフィリエイト→アップデートし続ける作品

これに尽きます(^^)

Webライターは1記事1記事、一球入魂って感じで120%の力を振り絞って書きます。

それで、目先の相手(クライアント)の要望に応えなければいけません。

ライターの記事も結局はWeb上に晒されますので、もちろんユーザー視点で書く必要があります。

しかし、ユーザーに届ける前に、まずはクライアントなんです。

こちらがユーザー視点だと思っていても、クライアントがそうではないと言ったら、そうではないんです。

ユーザー向けの完全なる作品ではなく、クライアント向けの完全なる作品になってしまうんです。

一方、アフィリエイトも、もちろん1記事丁寧に書きますが、いくらでもやり直しが効きます。

場合によってはリライトしなければいけない、ということがあります。

もはや修正したから収益UPした、なーんてことはしょっちゅうあります。

こう考えると、肩の荷がおりませんか?

最初から全力で頑張るよりも、少しの力で記事を書いて、あとから修正、追記などをしていく…。

そして、ユーザーに直接届けられるのもアフィリエイトのいいとこです。

成約に繋がれば、ユーザー視点で記事が書けてるということになるし、

逆に成約が取れなければ、ユーザー視点になっていないということが簡単にわかります(^^)

②Webライター→終わりがある、アフィリエイト→終わりがない

2つ目は終わりがあるか、ないかです。

Webライターは継続案件がありますが、都合で切ることもできますし、寄稿先メディアの終了などで逆に切られることもあります。

納期をクリアしたらその都度ゴールがあるってことです。

アフィリエイトはおそらくゴールはないです。笑

あくまでもわたしの場合はキリのいいとこまでというのが出来なくて、あれもこれもって欲張っちゃうので、なかなか終わらせることができない。

逆に簡単に終わらせることができるのもアフィリエイト。

諦めたら、そこで試合終了ってなワケです。

③Webライター→入金が早い、アフィリエイト→入金が遅い

クラウドソーシングであれば入金は早めです。

ランサーズもクラウドワークスも、振込日は月2回あります。

クライアントのレスポンスの良さにも関わってきますが、法人アカウントであれば心配いらないイメージです。個人アカウントでも早い人は早いです。

アフィリエイトは遅いと思っていたほうがいいです。

成果発生から入金までのタイミングはさっき述べたとおりです。最長5~6か月とみてもいいでしょう。

最低でも発生→入金まで1カ月です。

そのような案件はめちゃめちゃ限られています。

手っ取り早くやるならWebライター、コツコツ地味にやるならアフィリエイト

私の中でのWebライターとアフィリエイトはこんな感じで分けています。

Webライターは書くことが主流、たまに画像選んだり、構成練ったりということもありますが、それがクリアできれば報酬がもらえます。

アフィリエイトもやることは同じですが、

最初は文章書いていればいいだけだったのが、アクセス解析も手を出したり、HTMLやCSSをいじってみたり、マーケティングを学んでみたり…

上を目指していけばきりがありませんが、さっきも言ったように収益がいきなりグンと上がることもあり、夢があります。

手堅くお小遣いを稼ぎたいのであればWebライター。

収益ゼロでもしばらく我慢が出来て、それでもあきらめずに努力できるのであればアフィリエイト

って感じでおすすめです。

向き不向きあると思うので、まずはWebライターならクラウドソーシングに登録してみるなり、

アフィリエイトならブログを作ってみるなりして、実際に行動してみましょう。

私も使っている、無料で始められるサイトはこちら↓

Webライター

大手企業も利用していて案件豊富!クラウドソーシング「ランサーズ」
タスク手数料は0円!上場企業で安心のCrowdWorks(クラウドワークス)

アフィリエイト

A8.netブログがなくても登録OK!アフィリエイト用ブログもここで一緒に作れます。

afb業界最速の翌月末入金!自分で購入や登録だけで報酬がもらえるセルフバックもあります)


会計知識がなくても使いやすい!開業している主婦ならfreee
【アフィリエイト開業】毎月の記帳方法を解説!※freeeの解説もアリ

-ブログ運営やアフィリエイト
-,

Copyright© 元アパレル現ミニマリスト主婦が在宅ワークで収入を得る! , 2018 All Rights Reserved.